(1)Windows SharePoint Services 3.0のインストール

※ SharePoint Servicesのインストール方法はこちらを参考にしながら、
 一部独自の編集をいれつつ記載しております。

(1)Windows Home Server への Windows SharePoint Services 3.0の
   インストール

1. Windows Home ServerクライアントコンソールのインストールされたPCで、
  スタート-> すべてのプログラム -> リモートデスクトップ接続
  を起動し、Serverの名前を入力して接続をクリックします。

2. Windows Home Serverのデスクトップ画面にログオンしたら、
   以下のリンクから .NET Framework 3.0 をダウンロードします。
     http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=10cc340b-f857-4a14-83f5-25634c3bf043
   ダウンロードしたファイルを実行し .NET Framework 3.0をインストール
   します。.NET Framework 3.0はWindows SharePoint Services 3.0に
   必要です。

3. .NET Framework 3.0 のインストールが完了したら、Windows SharePoint 
   Services 3.0を以下のリンクからダウンロードします。
     http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=EF93E453-75F1-45DF-8C6F-4565E8549C2A&displaylang=ja

4. SharePoint インストーラーを保存する場所を指定しダウンロード。
  ダウンロードが完了したら、インストーラーを実行します。

5. 「ライセンスに同意する」を選択し、「続行」をクリックします。

6. 「基本(規定の設定を利用して、1台のサーバーにスタンドアロン形式で
    インストールします。)」 をクリックします。

7. Windows SharePoint Servicesのインストールが完了したら、
  「Sharepoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを今すぐ実行する」に
   チェックが付いていることを確認して「閉じる」ボタンをクリックします。

8. Sharepoint 製品とテクノロジ構成ウィザード画面で「次へ」をクリック
   します。メッセージが現れますが、「はい」をクリックします。

9. 構成ウィザードが自動的に始まり、サーバーを構成します。

10. 構成が完了したら、「完了」をクリックします。

 SharePointがインストールされ、デフォルトのチームサイトが起動しますが、デフォルトの構成のままではWindows Home Serverのウェブサイトは利用できません。Windows Home ServerとSharePoint の両方のウェブサイトを共存させるためには、次の”Windows Home Serverのウェブサイトを再度利用可能にする方法”の手順に従ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする