(3)SharePointへのアクセスを可能にする

(3)SharePointへのアクセスを可能にする

1. Windows Home Serverのデスクトップから、
  スタート->コントロールパネル->Windowsファイヤーウォールを選択、
  例外タブをクリックします。

2. 「ポートの追加」をクリックし、SharePointサイトに割り当てられている名前と
   ポート番号を入力します。

3. OKを2回クリックし、Windowsファイヤーウォールを閉じます。

4. スタート->すべてのプログラム->管理用ツール->SharePoint 3.0サーバーの全体管理
  をクリックします。

5. 「サーバー構成の管理」をクリックし、「代替アクセス マッピング」 をクリックします。

6. 「パブリックURLの編集」をクリックし、ドロップダウンリストにSharePoint
   Webアプリケーションの名前がフィールドにあることを確認します。
   無い場合には、ドロップダウンをクリックし、「代替アクセスマップコレクションの
  変更」をクリックし、Webアプリケーションを選択します。

7. 「規定」フィールドは以下に変更が必要です。
    http://yourservername:portnumber (eg. http://whsdemo:8085)
8. 「インターネット」フィールドには以下を入力します
    http://yourhomeserverwebsite.homeserver.com:portnumber
    (ex.http://wssdemo.homeserver.com:8085
)

9. 保存をクリックします。

10. 「内部URLの追加」をクリックします。

11. 「代替アクセスマッピングコレクション」にSharePointウェブアプリケーションが
    セットされていることを確認します。

12. 「URLの プロトコル、ホスト、およびポート」に、ホストとポート番号を
     http://yourservername:portnumber
     (ex.http://whsdemo:8085)のように入力し、「領域」で規定を選択して「保存」を
     クリックします。

13. ルーターに対してSharePointサイトへのポートフォワーディング設定をします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする