Windows 10 では同一ハードウェアへの再インストール時にはライセンス認証不要~デバイスのアクティベーション情報がオンライン保存されている?

Windows 10では、プロダクトアクティベーションルールが変更になったようです。一度Windows 10のライセンス認証が実施されたハードウェアではアクティベーション情報がオンライン上に保存されており、再インストール時にはプロダクトキーの入力が不要となるようだとZDnetが報じています。なお、OEMやVolume Licenseはこの対象外です。

OSを何度もインストールする必要がある場合、再インストールの都度のプロダクトキーの入力は、これまで非常に煩瑣でした。ハードウェア毎に一度は必ず入力する必要はあるものの、以降の再インストールではプロダクトキー入力が不要となるのはパワーユーザーからするとメリットかもしれません。

再インストール時にはプロダクトキーの入力をスキップ

過去、確かWindows 7のインストールの際にはプロダクトキーの入力をスキップし、インストール完了後にライセンス認証を行うことができましたが、Windows 8 以降では再び、プロダクトキーの入力がなければインストールプロセスを進めることができなくなっていました。

Windows 10 では再び、OSのインストールプロセスにおいてプロダクトキーの入力を[スキップ]あるいは[後で]を選択することができるようになっています。

従来同様ハードウェアの大幅構成時にはボイスアクティベーションが必要な場合も?

ハードウェア構成が変わらない場合、入力をスキップしてインストールしても、完了後にはライセンス認証が自動的に行われます。これに対して、ハードウェア構成が大幅に変更となった場合、たとえばマザーボードの交換時等は従来通り電話によるライセンス入力が必要になる場面がでてきそうです。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする