読谷村で家族連れで楽しめた食事屋さんのメモ

子供が幼稚園の頃から、夏は沖縄読谷村の残波岬で過ごすのがいつの間にか恒例になっています。今年の夏、小学生の子供2人をつれて家族4人でお世話になった食事処のメモです。

パンケーキハウス ヤッケブース

パンケーキハウス ヤッケブース (PANCAKE HOUSE JAKKEPOES) – 読谷村/パンケーキ [食べログ]

できたての温かいパンケーキが楽しめるお店です。外国人向けの民家を改修した一軒家で、テーブルはみたところ4~5つくらいとこじんまりした店内でした。写真は3枚ですが、2枚に減らしてもらうこともできますので、お子さんでも十分食べられます。

150816001

読谷村漁協 海人食堂

読谷村漁業協同組合 / 海人食堂メニューのご紹介

都屋漁港にある食堂です。写真の真ん中奥に、店舗があります。隣の建物に大きく「氷」の文字がありますが、残念ながらかき氷ではなく、漁業関係者用の氷のようです。

150816002

「都屋の海人丼」(写真は漁協HPより拝借)に惹かれましたが、時間の都合でマグロカツ丼をと、天ぷらを持ち帰りで頼みました。天ぷらはいくつか種類があるのですが、もずくの天ぷらがとてもおいしかったです。

150816003

時間の都合というのは、実はホテルからこの漁港までバスで送迎してもらい、ジンベイザメと会える沖縄ジンベエザメ グラスボートに乗るためにこの漁港まで来たためです。車をホテルにおいていたのですが、これならこの漁港まで車でくるべきだったと後悔しました。

余談ですが、グラスボートに乗って沖合のジンベイザメが飼育されているいけすの上でジンベイザメを見られるこのツアーは今回の旅行の最大の収穫でした。美ら海水族館で飼育されているジンベイザメもすべてこの読谷の海で捕獲されたジンベイザメだそうです。

150816006

150816003[5]

150816004

花織そば

花織そば (はなういそば) – 読谷村/沖縄そば [食べログ]は、地元の方もよく来られるようで、手軽なお値段でボリューム満点の沖縄そばが食べられます。観光客向けのお店で1,000円以上の沖縄そばを食べるより、このお店で600円の花織そばを頂いた方が舌にもお財布にも優しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする