Windows Server 2016 EssentilasがNTT Xストアやマイクロソフトストアなどで購入可能に

「windows server 2016 essentials」の画像検索結果

Windows Server 2016 EssentilasのOSが、国内でも流通し始めています。



NTT Xストア Windows Server Essentials 2016 64Bit DVD 59,400円

また、マイクロソフトストアでも入手可能になっているようです。お値段は101,000円とかなりお高めです。


icon[Microsoft Store]Windows Server 2016 Essentials

icon

Windows Server 2016 Essentials は何が変わったのか?

「Microsoft のクラウドサービスとの統合」の強化

今回、2016 Essentilasでは従来の2012 R2 Essentialsと比較し、連携できるMicrosoftのクラウドサービスが増えています。

以下のサービスとの統合がダッシュボードからGUIを通して可能になっています。

  • Azure Active Directory
  • Office 365
  • Intune
  • Azure Virtual Network
  • Azure Backup
  • Azure Recovery

Essentialsエディションでも他のドメインコントローラーと共存が可能に

そのほかは特段大きな機能追加はありませんが、大きく目に付くのは、Essentials エディションではADのトップフォレストの唯一のドメインコントローラーでかつ、FSMOの役割を全て持っていることが必要で、ドメインコントローラーが既に存在する環境にEssentialsエディションを追加することはできませんでした。

Windows Server 2016 Essentialsでは、ドメインコントローラーを別のドメインコントローラーに指定することができます。

詳細は、[FAQ:WS16E] Windows Server 2016 Essentials の新機能も参考にしてください。

ライセンスの考え方とエディションには変化が

今回 Windows Server 2016ではライセンスの考え方が全般的に変わり、StandardとDatacenterではCPUコアベースのライセンス体系に変わりました。

また、2016ではFoundation エディションが廃止となったことで、EssentialsはOEM向けのStorage Serverを除くと唯一の「サーバーライセンス+CAL不要」のSMB向けサーバーとして、利用される範囲は増えそうにおもいます。

SMB向けのサーバーとして、Essentialsエディションを提案するケースも増えると思いますので、SMB向けのSIerの方々はEssentialsエディションの製品の特徴を押さえておかれるとよろしいのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする