[FAQ:WS16E]既存のドメイン環境に Windows Server 2016 Essentials を追加する

Windows Server 2016 Essentialsでは、EssentialsエディションでもEssentials サーバー以外のサーバーにActive Direcotryのドメインコントローラー、FSMOの役割を移すことができるようになりました。

Essentialsエディション、あるいはStandard, Datacenterエディションを既存のActive Directory環境にインストールする手順は以下のようになります。

Essentialsエディションでこの構成、インストール方法が取れるのはWindows Server 2016からです。

1. OSインストールフェーズ

http://[FAQ:WS16E]Windows Server 2016 Essentials のインストールの、「1. OSインストールフェーズ」を実行します。

2. Essentials 構成フェーズ

Windows Essentials構成フェーズに入るとまず、Windodws Essentialsの構成ウィザードを進める前に、コンピューター名の変更とドメインへのメンバーサーバーとしての参加を行います。

  1. Administratorアカウントを利用してログインします。

    デスクトップが表示された後、そのまましばらく待っていると、[Windows Server Essentialsの構成]ウィザードが起動します。
  2. EssentialsサーバーのIPv4/IPv6のプロパティを開き、DNSサーバーに既存のドメインコントローラーのIPv4/IPv6アドレスを指定します。
  3. [Windows Server Essentials の構成]ウィザードが起動したら、Windowsマークを右クリックし、[システム]を押下します。

    [コントロールパネル]の[システム]が開いたら、[設定の変更]を押下します。

  4. [システムのプロパティ]画面で、[変更]を押下します。

  5. [コンピューター名/ドメイン名の変更]画面で、[コンピューター名]を変更し、[所属するグループ]で[ドメイン]を選択して参加するドメイン名を入力します。

  6. 参加するドメインに対して、コンピューターの参加権限を持ったアカウントを入力します。

  7. ドメインに参加できたら、Essentialsサーバーを再起動します。

  8. 再起動後、Administratorアカウントで再度ログインします。
  9. [Windows Essentialsの構成ウィザード]が起動します。
  10. 構成ウィザードを実行する前に、参加するドメインでドメインの[Enterprise Admins]、[Domain Admins]権限を持ったユーザーを作成しておきます。
  11. あわせて、Essentialsサーバー上で、上記10で作成したユーザーに対してローカルの管理者権限を付与します。
    [コントロールパネル]>[ユーザーアカウント]>[ユーザーアカウント]を開き、[ユーザーアカウントの管理]を押下します。
  12. [ユーザーの追加]画面で、上記10で作成したアカウントを追加します。

  13. 次の画面で、[管理者]を選択し、[次へ]を押下します。

  14. ユーザーアカウントの追加が完了したら、[Windows Essentialsの構成ウィザード]で[次へ]を押下します。

  15. [管理者の資格情報]入力画面が表示されます。

    この画面で入力するのは、上記10~13で作成したアカウントです。アカウント入力後、[構成]を押下します。

  16. [構成が完了しました]画面が表示されると、Windows Essentialsの構成が完了です。

  17. Essentialsサーバーを再起動して、上記~で作成した管理者権限を持ったアカウントでサーバーにログインします。

ダッシュボードからの確認

上記のインストールステップを辿ることで、Essentialsエディションのサーバーを、他のサーバーにドメインコントローラー、FSMOの役割を依存した状態でインストールすることができます。

サーバーのダッシュボードから確認すると、[設定]の中の[指定されたドメインコントローラー]に指定されているドメインコントローラーのサーバー名が確認出来ます。ドメインコントローラーが複数存在する環境では、ここから指定するドメインコントローラーを変更することもできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする