Windows Server 2016のMirror-accelerated parityとReFS

回復性のタイプ(耐障害性)と、パフォーマンス/ディスク使用効率

記憶域スペースでは、回復性のタイプとして

  • ミラー
  • パリティ
  • シンプル(回復性なし)

が選択できます。

回復性を備える場合でも、1台の物理ディスクの障害に耐えられる

  • ミラー(双方向ミラー)
  • パリティ(シングルパリティ)

と、2台の物理ディスク障害に耐えられる

  • ミラー(3方向ミラー)
  • パリティ(デュアルパリティ)

を使い分けることができます。

一般的に、ミラーはスループットが高い一方ディスク使用効率で劣る、パリティはスループットが低い一方ディスク使用効率に優れる特徴があります。

SSDによるパフォーマンス向上とHDDによる大容量ディスクの両立を狙った、Windows Server 2012 R2の記憶域階層

Windows Server 2012 R2からは、記憶域階層が取り入れられ、高速階層(SSD階層)と標準階層(HDD階層)を使い、SSDの持つ高いスループットとHDDの持つ大容量を兼ね備えた仮想ディスクが作成できるようになりました。

Windows Server 2012 R2 の記憶域スペースは、Write-Back Cache と 記憶域階層 をサポート

下の図でいうと、記憶域階層は記憶域プール(Storage Pool)と仮想ディスク(Virtual Disk=Storage Space)の間に存在します。
Storage Management API Stack

この間に存在する高速階層(SSD階層)と標準階層(HDD階層)をうまく使いながら、

  • データを保存する場合には、まず高速階層(SSD階層)に保存
  • よく利用されるデータ(Hotデータ)は高速階層(SSD階層)に、それ以外のデータ(Coldデータ)は標準階層(HDD階層)に配置

することで、パフォーマンスとディスク容量の両立を狙うものです。

しかし、あくまでWindows Server 2012 R2の記憶域階層では、

  • 回復性、列の数(NumberofColumns)はあくまで仮想ディスク単位でのプロパティ

でした。

そのため、記憶域階層を定義する際のコマンドは以下のようにシンプルです。

Windows Server 2016で登場したMirror-accelerated parityは、さらにパフォーマンスとディスク使用効率の上昇を目指す

Windows Server 2016の記憶域スペースダイレクトではさらに一歩進み、Windows Server 2012 R2では仮想ディスク単位で保有していた回復性、列の数(NumberofColumns)などを、階層毎のプロパティとして定義できるようになりました。

具体的には、以下のように記憶域階層作成時に、それぞれの階層に対して回復性と列の数を定義します。

仮想ディスク作成時に回復性を指定するWindows Server 2012 R2とは異なることが、ここからも理解いただけると思います。

これにより、SSD階層はミラースペースにしてパフォーマンスを優先、HDD階層はパリティスペースにして大容量ディスクのディスク使用効率をさらに高めることができるようになり、Windows Server 2012 R2における記憶域階層をさらに上回る、パフォーマンスとディスク使用効率の両立が実現できることとなりました。
これが、Mirror-accelerated parity(ミラーリングによって高速化されたパリティ)です。

Mirror-accelerated parityにはReFSが必要

Mirror-accelerated parity(ミラーリングによって高速化されたパリティ)を利用するには、それぞれの階層間でのデータハンドリングを実現するためにReFSが必要となります。

そのため、Windows Server 2016か、Windows 10 Fall Creators Update以降ではEnterpriseか Pro Workstationでしか利用できません。

参考:

HP Directplus オンラインストア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする