[記憶域スペースをPowerShellで使いこなす]New-Partition

New-Partition

概要

New-Partitionは、パーティションを作成するコマンドレットです。

Windows Server 2012 R2以降は、New-Volume で仮想ディスクの作成からボリュームのフォーマットまでを1つのコマンドで実行できるようになりましたので、そちらを利用することが多いかもしれません。

記憶域スペースでは、稼働ディスク上にパーティションを作成するために利用します。Windows Server 2016のPowerShellで、

Get-Help New-Partition

を実行した出力は以下の通りです。

New-StorageTierの詳細は、MSDNおよびTechNetライブラリのNew-Partitionを参照してください。

Windows Server 2016、Windows 10 New-Partition
Windows Server 2012 R2、Windows 8.1 New-Partition
Windows Server 2012、Windows8 New-Partition

構文例

 例1:利用可能な領域をすべて利用した新たなパーティションを作成し、ドライブレターを割り当てる
New-Partition -DiskNumber 1 -UseMaximumSize -AssignDriveLetter
例2:プールを作成し、仮想ディスク、パーティション、ボリュームの作成までいっぺんに行う。
$PhysicalDisks = Get-StorageSubSystem -FriendlyName "Windows Storage*" | Get-PhysicalDisk -CanPool $True
New-StoragePool -FriendlyName "CompanyData" -StorageSubsystemFriendlyName "Windows Storage*" -PhysicalDisks $PhysicalDisks |New-VirtualDisk -FriendlyName "UserData" -Size 100GB -ProvisioningType Thin |Initialize-Disk -PassThru |New-Partition -AssignDriveLetter -UseMaximumSize |Format-Volume

[記憶域プールをPowerShellで使いこなす]New-StoragePoolで紹介したように、パイプラインでコマンドレットをつなげることで、一連の処理を連続して実行することができます。

記憶域スペースを管理するPowerShellのCmdletに、その他にも主なコマンドレットの一覧を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする