[FAQ] 64bitクライアント リストアの際のドライバー

   WHSのクライアントとして Vista x64 を登録されている方もいらっしゃるでしょう。
# なぜXP x64 は対象外なのでしょうか・・・???
64bit版OSをバックアップからリストアする際に注意する点があります。それはドライバー。リストアに利用するリストアCDは WindowsPE(x86=32bit)です。したがって、リストアCDで必要とするのは32bit版のドライバーになります。
もし、64bit版OSをバックアップしている場合は、リストアに備えてクライアントPCのNICのドライバー(Vista 32bit用、またはXP 32bit用)を用意しておきましょう。
RAIDを導入しているクライアントの場合は、同様にRAIDドライバも必要となる可能性大です。
64bit OSの場合は、[Windows Home Server Drivers for Restore]のドライバーはPEに使えない可能性があります。
一番安心なのは、同じクライアントに一度VistaやXP x86をインストールした上でWHSでバックアップをとり、そのバックアップから[Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダを取り出して保存しておくことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする