HP Data Vault の 初期設定

Data Vault を初期設定するには、Windows / Mac どちらから実施する場合も製品に同梱されているソフトウェアインストールディスクから行います。

CD-ROMをクライアントPCにインストールすると、自動的にインストールが始まります。

100610001

まずは、デスクトップ上にHP Data Vault に接続するショートカットが作成されます。

100610004

 

100610005

 

100610006

完了すると、コネクタ本体のインストールが始まります。

100610007

100610002
上記の画面にあるように、デフォルトのサーバー名は HPSTORAGE になっています。

100610003
100610008

100610009

  ここまでで、クライアントコネクタソフトのインストールが完了です。
引き続き、Data Vault の初期設定に入ります。

100610010

100610011

100610012

100610013

100610015

ここから、HP製ソフトウェアのアップデートインストールに入ります。

100610020

100610021

100610022

100610023

100610024

border=”0″ alt=”100610025″ src=”http://satsumahomeserver.com/wp/wp-content/uploads/100610025_thumb.png” width=”244″ height=”173″ />

100610027

ここまで来てようやく一通り完了です。

しかしここでご注意頂きたいのは、Data Vault は出荷状態ではPP2までしか適用されていません。引き続き手動または自動でPP3等アップデートを適用する必要があります。

100610026

 

HP Data Vault X510は海外でだいぶ前に販売開始された製品であり、そのイメージを日本語化しているようです。そのためか、海外でのX510販売開始以降のHP製ソフトのアップデートやPP3の適用が必要になるようです。初期インストールは少し時間がかかりますので、ご注意ください。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする