Windows Small Business Server 2011

101104007

 

鳩の谷の街さんのブログでも既に掲載されていますが、SBS “Aurora”の製品名称がWindows Small Business Server 2011 Essentials、SBS 7の製品名称がWindows Small Business Server 2011 Standardになることが正式に発表されました。またCALの体系も合わせて公表されています。

詳細はAnnouncing Windows Small Business Server 2011をご覧ください。

 

Windows Small Business Server 2011 Essentials

101104005

  SBS 2011 Essentialsは既報の通り、クラウド/オンプレミスのハイブリッドサーバーとなります。

2011年上半期のリリースが予定されています。米国での販売価格は$545(予想)とのことです。

 

  SBS 2011ではWindows Home Server”Vail”と同じくアドインが利用出来ますが、SBS-MVPの澤田さん、Client App Dev MVPの高田さんによる アドイン開発セミナーが開催されます。是非、アドイン開発に興味のある方は参加されてみてください。

Windows Small Business Server 2011 Standard

101104006

  こちらも機能の通り、SBS 2011 Standard は伝統的なオンプレミスのサーバーとなります。リリースは2010年12月予定。OEMベンダーやシステムビルダーから入手できるようになるのは、2011年2月初めになる予定です。米国での販売価格は$1,096(予想)とのことです。SBSはSQL Serverを2台目のサーバーにインストールすることが出来ますが、今回はWindows Small Business Server 2011 Premium Add-onと呼ばれることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする