Windows Small Business Server 2011 Standard が RTMに

  開発コードネーム SBS 7として開発されていた、Windows Small Business Server 2011 Standard が先日RTMとなり、今日からMSDN/TechNetでも製品版のDLが可能となっています。

 

SBS 2011 StandardとEssentialsの共通の特徴

SBS 2011 Standardのコンソール画面

101218001

 

このコンソール画面を通じ管理が容易なのはSBS 2011 Essentials(開発コードネーム Aurora)と共通の特徴ですが、他にもSBS 2011 Standardは来年登場が予定されているAuroraと共通の機能がいくつかあります。
101218003

  • Windows Server 2008 R2ベース
    101218004
    Windows Server 2008 R2ベースとなることで、最新ハードウェアへの対応や、消費電力の低減等が可能となっています。
  • サーバーのバックアップ
    101218013
    Windows Server 2008 R2のServer bakup機能を使い、サーバー自身のバックアップが可能です。(SBS 2011 StandardにはVail/AuroraのようなクライアントPCバックアップ/リストア機能はありません。)
  • リモートウェブアクセス
    101218005
    SBS 2011 Standardのリモートウェブアクセス画面
    101218006
    リモートウェブアクセスサイトからは、電子メールの確認(Exchange 2010のOWA)、内部Webサイト(SharePoint2010で作成されたイントラサイト)、共有フォルダー、クライアントPCへのリモートアクセス(TSゲートウェイ)等が利用出来ます。
  • Premium Add-on
    (追加のサーバー上で、LOBアプリケーションや、TSアプリケーションサーバー、BDC、SQL Server等の機能を追加可能)
    101218007

SBS 2011 Standardならではの特徴

SBS 2011 standardならではの特徴は以下のような特徴です。

101218008

  • マイグレーション
    101218009
    SBS 2003、SBS 2008、Aurora、Windows Server 2003/2008からSBS 2011 Standardへのマイグレーションがサポートされます。
    また、最大ユーザー数75を超えるくらいにSMB環境が拡大してきた場合等のために、SBS 2011 StandardからWIndows Server 2008 R2 Standardへのアップグレードパスもサポートされますので、ビジネスの成長に合わせて環境をアップグレードしていくことも出来ます。
  • Windows 7 クライアントPCのバックアップ
    101218010 Windows 7 のProfessional以上のSKUにはネットワーク上の共有フォルダ内にバックアップを取ることが出来ますが、SBS 2011 Standard上の共有フォルダにバックアップを取ることが出来ます。また、SBS 2011 Standardのドメインを通じてポリシーを強制適用することでWindows 7 クライアントPCのバックアップにバックアップルールのポリシーを配布、適用することが可能です。
  • Exchange Server 2010 SP1
    101218011
    Exchange 2010 SP1が統合されているので、SBS 2011 Standardに登録したユーザーアカウントはEメールを利用することが出来ます。また、外出先からでもOutlook Web Accsess(OWA)を利用することで、インターネット経由でブラウザから会社のメールボックスを確認することが出来ます。
    SBS 2011 Standard上のOWAの画面
    101218016
      Exchange Server はスマートフォンとのメール、連絡先、スケジュールの同期でも活躍します。WindowsPhoneはもちろんのこと、iphone(iOS)、android端末でも同期が出来ます。また、万が一スマートフォンを紛失した場合でも、このOWA画面からユーザー自身がデバイス上の情報をリモートから消去することも可能です。
    101218017
     
  • SharePoint 2010 Foundation 
    101218015
    SharePoint 20010 Foundationも統合されていますので、イントラネットの構築、ワークフローに基づいたWebサイト上での文書回覧、またドキュメントをイントラサイト上で登録しておくと、Office Web appsを利用して閲覧、編集を行うことも可能です。
  • モニタリングとレポート
    101218014 サーバーコンソール上で、サーバーのパフォーマンスに関するレポートや、通知の設定等が可能です。

SBS 2011 Standardが適している環境は

101218018

  SBS 2011 StandardはSBS 2008の正常進化形であり、伝統的なオンプレミスサーバー製品です。Windows Server、Exchange Server、SharePoint、SQL Serverを利用しているまたは導入しようと考えているような組織では、それぞれ個別に購入するよりも安価にこれらサーバー製品群を導入することが出来るコストメリットがあります。

 

一方で、これらのサーバー製品を管理する必要があることから、サーバーコンソール等を通じて管理は簡略化されてはいますが、ある程度のスキルを持った管理者がいるまたは外部ベンダーに管理を委託できるSmall Business環境がターゲットになると思います。Essentials(Aurora)の場合は、サーバー製品に関する知識がさほどなくても、導入や管理はある程度可能という点で、StandardとEssentialsの間には大きな差があるかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kt より:

    SECRET: 1
    PASS: dd2fe794932a722ce5e6ce302fb418b8
    MSEでV2が出ました。
    気づいてなさそうなので・・・