Windows 10 の基礎をMicrosoft Virtual Academy(MVA)で学ぶ

150606002

Windows 10 は2015年7月29日のRTWが公表され、現在実施中のInsider Previewプログラムも終盤にさしかかってきています。

PC Watchの笠原さんの「6億台のPCがWindows 10へと変わる大きな波」の記事でも、Windows 10のもたらす大きな変化の可能性が解説されていますが、Windows 10は、Windows as a Service時代のOSとして、これから新しいWindowsの形を実現するOSとなっていきます。具体的には、デスクトップ、タブレット、2 in 1、モバイル(Phone)、あらゆるデバイスで同一のOSが動作し、クラウドとの連携強化を通じてデバイスをまたがったワークロード環境が実現されていきます。また、常に新しい機能や修正が提供されていくことから、従来よりも速いスピードで変化していくOSになることが予想されます。

Windows 8.1はスキップして未だWindows 7を利用しているエンタープライズ環境も多数あると思いますが、Windows 10は企業環境においても導入される可能性がより高くなってくると思います。そういった中で、ITプロフェッショナルは、Windows 10における変化、強化のポイントを早くから押さえておくことは重要になってくると考えられます。たとえば、新しいブラウザ「Microsoft Edge」と従来のInternet Explorer向けに作成された企業内アプリケーションの対応なども重要な要素になってくるでしょう。

Microsoft Virtual Academyでは、ITプロフェッショナル向けの Windows 10学習コンテンツを公開しています。「Windows 10の基礎」、「Windows10の管理と展開」、「Windows 10のセキュリティ」、「Internet Explorer」について学習することができます。以下のバナーからアクセスして、来るWindows 10時代への備えを始めてみてはいかがでしょうか。

150606001

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする