SBS2011 Essentials 正式リリース & NTT-X storeでWHS2011販売中

Windows Home Server 2011 の兄弟分で、開発コード Aurora と呼ばれていた、Windows Small Business Server 2011 Essentials が今日正式にリリースされました。

110526001

  写真(CloudTodayより)は製品紹介ビデオに登場する、Windows Small Business Server のプロダクトマネージャーである日本マイクロソフトの房本氏。

SBSeは今後正式登場予定のOffice 365などのクラウドサービスと、オンプレミスサーバーを一体的に利用する初のハイブリッドサーバー製品となります。Windows Home Server ゆずりの簡素な管理ダッシュボードから、サーバーに詳しくない方でも管理が可能でおうちではWHS2011を使うちょっとPCの得意な方が、職場でもサーバー管理人になれるくらい敷居の低い製品になっています。

25人までの中小規模環境における、初めてのサーバーとして今後が非常に楽しみな製品です。

 

WHS2011と基本的には共通のソースとなっていますので、WHS2011で使えるAdd-inは基本的にSBSeでも使えますし、アンチウィルスなどの対応ソフトウェアも同様です(ただしLOBアプリやクラウド連携等はSBSeでしか使えません)。

ご興味のある方は是非、SBSeの評価版をダウンロードして評価してみてください(WHS2011はオンライン評価環境しかありませんが、SBSeはメディアのダウンロードが可能です)。

 

そして、NTT-X storeではWHS2011 DSP版+USB 3.0カードの販売が始まっています。販売開始数時間で既に半分以上売れてしまっているので、びっくりしています。是非WHS2011を検討されていらっしゃった方は、NOD32もセットで11980とお安いので是非お買い求めになってください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. akifusa より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先日のWindows Home Server 2011ラウンチイベントでは、ご登壇および事前のご協力、誠にありがとうございました。
    SBS 2011 Essentialsに関してもご紹介いただきありがとうございます!SBS 2011 Essentialsは、WHS 2011のお兄さん製品(?)になりますので、2製品合わせて良さをアピールする機会も持てたらと考えております。