国産DE代替ソリューション VVAULTのWHS2011対応ベータ版 が公開されました

DE代替ソリューションは現在のところ、

  • DriveBender
  • StableBit DrivePool
  • DriveHarmony
  • VVAULT

の4種類が名乗りをあげており、どれも開発進行中ですが、この中の唯一の国産ソリューション、オレガさんのVVAULTがWHS2011対応のベータ版を公開しました。

 

詳細はWindows Home Server 2011 完全対応への道のり 第2歩 | extends VVAULTをご覧頂きたいのですが、

  • ダッシュボード上から仮想ストレージプールへのフォルダー作成が可能に
  • ストレージプール上のフォルダもメディアストリーミング対応に
  • リモートWebアクセスサイト(RWA)からもストレージプール上のフォルダを認識可能に

といったように、WHS2011 ネイティブの機能に対応してきたことで、現在のところ唯一日本語で利用できるDE代替ソリューションとして注目度が上がってきた印象です。

DE代替ソリューションをお探しの方は、既知の問題や動作上の制限がありますので、その点を理解してお試しになってみてください(VVAULT公式ブログにも記載があるように、過去のバージョンからのアップグレードは対応していませんので古いバージョンをアンインストールして、クリーンインストールしましょう)。

 

DriveBenderなどは、WHS2011が既定で作成する、ピクチャ、ビデオ等のいくつかのフォルダをストレージプールに移すことが出来るようになる予定のようなので、個人的にはVVAULTにはそのあたりの対応を期待しています。

また個人的にはHDD障害時の復元シナリオが重要だと思っているので、WHS2011+VVAULTの組み合わせでどう復元していけるのか個人的には関心を持っています。

 

DriveHarmonyなどと同様、VVAULTもSmall Business Server 2011 Essentials をメインターゲットとしているようですので、法人向けソリューションの安定した品質とサポートにも期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 悠々閑々 より:

    VVAULT1.5βとWHS系の対応について

    前回Ver.1.3として案内していたVVAULTの最新版ですが、通常の1.x系と