サーバー上のメディアファイルをAndoroidデバイスに同期する

以前、Add-in Update:Twonky 7.0 と My TwonkyでAndoroidのTwonky Mobile(docomoユーザーは日本語化されたTwonky Mobile Specialを無料で入手できます)の同期機能を利用すれば、Twonky Server のWebDAV機能(Twonky Server 6.3xやTwonky 7.0に組み込まれています)と組み合わせてサーバー上のメディアファイルをAndoridデバイスに自動同期させることが可能と書きました。ただし、従来は以下の制約がありました。

  • 日本語を含むファイル名のファイルは、Twonky Mobileの仕様により同期不可
  • 日本語を含むフォルダパスは、Twonky ServerのTwonky WebDAVサーバー機能の仕様により指定不可

この件について、Twonky のフォーラムでフィードバックをあげた結果、まず1点目の問題について改善されたTwonky Mobile Ver2.2が日本時間の1/8から配信されています。これにより、日本語を含むファイル名のファイルも、Twonky Mobileで同期できるようになりました。ただし、現時点ではdocomoユーザー向けのTwonky Mobile SpecialはVer2.2が配信されていないため、利用可能なのはTwonky Mobileのみとなります。

また、2点目の問題については未改善のため、日本語を含むフォルダパスは同期用のフォルダとしてTwonky ServerのWebDAV機能で指定できません。改善されたバージョンのTwonky Serverが公開されるまでは、以前紹介したシンボリックリンクを貼る方法で、日本語を含まないフォルダパスに、実際にファイルが保存されている日本語を含むフォルダパスのリンクを貼る方法で対応すると良いかと思います。

このTwonky Mobileの同期は、たとえば外出先から自宅のWiFiエリアに復帰すると自動で同期してくれたりしますので、サーバーに保存しておいたメディアファイルをAndoroidで持ち出したい方には非常に便利なソリューションになると思います。

外出先でスマートフォンから動画を見たいというニーズが多いようですが、各キャリアの3G回線の逼迫度合いやストリーミング再生をしようとするとビットレートや解像度を抑えたりする必要がある現状からすると、予めスマートフォンに同期しておいて外出先で楽しむというやり方の方が快適に楽しめると思います。

docomo向けのTwonky Mobile Specialもアップデートされたら、そのうち詳しい手順を解説したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする