Windows Live Custom Domain Service is down(復旧しました)

開発チームより連絡があり、サービスが復旧したとのことです。(2012/5/4 23:40)
TechNetフォーラムのほうで質問があがっていました
ので、そちらにも記載をしていますが、Windows Live Custom Domain サービスが現在ダウンしているようです。

ユーザーの方には、ダッシュボードに以下のようなエラーが通知されていることと思います。

120504001

これによる影響は以下の通りと思われます。

【対象範囲】

  • WHS V1、WHS2011、SBS2011 Essentials、Windows Storage Server 2008 R2 Essentials など、Microsoft のDDNSサービスを利用しているユーザー

【影響】

  • ISP側から割り当てられているグローバルIPアドレスが更新されて、MS側のサーバーに登録されているIPアドレスと異なる状態になると、xxx.homeserver.com 等の DDNSアドレスの名前解決が行えない
  • 新規のDDNSアドレス取得が出来ない

#  グローバルIPアドレスが更新される契機は、契約されているISPにより異なります。 
ほぼ固定に近いようなアサインの仕方をしているISPや、PPPoEセッション毎にプールからアサインするISP等があります。

WHSのダッシュボードにエラーが表示されていても、グローバルIPが変更にならない限りは外部からのリモートアクセスは可能ですが、サービスが復旧するまでの間、極力グローバルIPが変更されることを避けるため、ルーターの電源のオン/オフは避けることが望ましいと思います。

私の方から直接開発チームに、

  • サービスがダウンしていることについて日本のフォーラムでフィードバックが上がっていること

と、

  • 将来に向けても、Windows Custom Domain サービスの稼働状況に関するサイトが必要と思われること

をフィードバックしてあります。取り急ぎ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする