Windows Home Server と Small Business Server の比較

今更ながら、簡単に機能比較。SBS2008を試した結果、やぱりWHSのようなクライアントのバックアップ機能は
ありませんでした。

 ※個人で作成した表ですので、誤っていたらごめんなさい

Windows Home Serverの最大の魅力ともいえる、クライアントPCのイメージバックアップ機能が
Small Business Server 2008にもあれば、スモールオフィス環境の管理者だけでなく、ホームパワーユーザ向けにも
相当なインパクトがあったと思う(OSの価格は別として)が…、その機能が見送られていることと Windows Liveサービスの
拡充状況をみていると、ホームパワーユーザーに対してもWHSは十分な魅力と機能を持っている(ExchangeやSharePointは
WIndows LiveやOffice Liveを利用すれば無料で活用可能なので)と改めて痛感。Exchangeをどうしても自前で立てたいと
思うユーザー以外は、普通はホームユースはWHSで十分ですね。
また、コンソール画面による簡易的な集中管理等により、導入・メンテナンスにおける敷居の低さは初心者にも
十分魅力的。

あとは、プリインストールされたハードで、デザインとコストパフォーマンスに優れたものが出てくると
いいのかなぁ。EPSONのSV110hクラスの製品が5万円を切るような価格で買えれば。。。

Windows Home Server Small Business Server 2008
ユーザー規模 ~10 ~70程度
ベースOS Windows Server2003(SBS2003) Windows Server2008
bit 32bit 64bit
メモリ 512MB以上 4GB以上
ファイルサーバー
Drive Extender(DE)
クライアントコンピューターのイメージバックアップ
サーバー自身のバックアップ

外部HDDに共有フォルダ
のみバックアップ可能

DynamicDNS
(無料)
xxx.homeserver.com

(有料)
複数プロバイダからドメインを自由に選択可能
信頼されたSSL証明書
(無料)

(有料)
リモートアクセス
(WHSコンソールへのログオン)
(クライアントへのRDPも可能)

(SBSドメイン内のコンピューターにRDP接続可能)
コンソール(簡易管理)
Add-inによる機能拡張
MediaConnect
セキュリティ管理
(OneCareとForefrontの試用版あり)
DNS
DHCP
Exchange
(POP3コネクタ機能付属)
SharePointServices
ActiveDirectory
WSUS
Office Small Business Liveの管理
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする