Windows Server 2012 の新たな機能「データ重複除去 」

以前、Windows Server 8 Preview からみたWHS Next の可能性 でWindows Server 2012 で採用される予定の技術について簡単に紹介しました。そのうち、記憶域 については、Windows Server 2012 と ストレージ周辺の新たな技術や、Windows 8 における Storage Space はDriveExtenderとどう違うのか?Windows Server 8 beta で Storage Poolを構成するなどで何度か触れてきましたので、今日はデータ重複除去について触れたいと思います。

Windows Server 2012 Essentials では 「データ重複除去」はサポートされません。

データ重複除去

データ重複除去とは、同一のデータを重複して保存していると、ディスク容量を無駄に消費するため、同じファイルについては重複して保存しないようにする技術のことをいいます。Windows Home Server V1では、クライアントコンピューターのバックアップにこのデータ重複除去の技術が入っていて、複数のクライアントコンピューター内にある同一のファイルについては、それぞれを全てバックアップしないようになっています。
Windows Server 2012 では、これをサーバー上のボリュームに対して同様の考え方で重複除去し、ディスクスペースを効率的に利用することができます。

前提

データ重複除去について以下の主な前提をまず押さえておきましょう。

  • Windows Server 2012 でしか利用出来ない(Windows 8 では利用出来ない)
  • ブートボリュームまたはシステムボリュームでは利用出来ず、データを保存するボリュームでしか利用出来ない
  • NTFSでのみ利用が出来、Windows Server 2012 で導入される新しいファイルシステム ReFSでは利用出来ない
  • ボリューム毎にフィルタードライバーで実装されている

インストール方法

[ファイルサービスおよび記憶域サービス]の、[ファイルサービスおよびiSCSIサービス]をインストールすると、[データ重複除去]を追加することができるようになります。
120617001

[データ重複除去]をインストールすると、ボリューム毎に[データ重複除去]の指定をすることができます。
120617002

[データ重複除去の構成]をクリックすると、データ重複除去から除外する対象のファイルの拡張子や、フォルダーを指定することができます。
120617003

また、[重複除去スケジュールの設定]を押下すると、重複除去を実行する優先度や実行スケジュールを指定することができます。(以下のキャプチャに[WIN2008SERVER]という文字が出ていますが、これは手元の環境のコンピューター名がそうなっているためです。実際にWindows Server 2008 や R2で利用出来る訳ではなく、あくまでWindows Server 2012 の機能です。)
120617004

ファイルの復元性を高めたNTFSに変わる新しいファイルシステム、ReFS についてはまた次回触れたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふにも より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    いつも拝見させてもらっております。
    お世話になります。
    Windows Server 2012に関して教えていただきのですが、
    Essentialsと通常のDataCenter/Standardでは、
    (WHSでの従来の)DLNAだとかメディアストリーミング機能、
    マイクロソフトドメインDDNSによるWebAccess機能は
    通常版には付いていないのでしょうか?Essentialsだけなので
    しょうか。
    Hyper-V 3.0を使用したいけれども、家庭内でWS2012で
    XBox360で動画を鑑賞したりDDNSでリモートからも
    ファイルアクセスしたいのですが、基本的にWHS2011的に使いたい
    と考えています。
    Hyper-Vは勉強がてらLinuxを仮想OSとして使いたいと考えています。
    通常のWS2012はEssentials2012の機能を全て含んでいると
    考えていいのでしょうか?
    それともEssentialsならでは(WHS2011的な分かりやすいI/F)の機能であって、
    通常版2012は、例えばXBox再生やDDNSなど考慮に入っていないのでしょうか?
    ご存知でしたらご教授いただきますでしょうか。
    よろしくお願いします。

  2. ださっち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     ここから、機能も価格も確認できます。評価版のダウンロードも可能です。
    http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/2012-editions.aspx