Windows Server 2012 Essentials のインストール(サーバーの移行)

Windows Server 2012 Essentials のインストール | 薩摩藩中仙道蕨宿別邸で、新規インストールの手順を紹介しました。今回は、既にあるドメイン環境の中に、Windows Server 2012 Essentials (WSE) を新たなドメインコントローラーとしてインストールする(サーバーの移行)手順を照会します。

なお、WSEは

  • ドメイン コントローラー (すべての Flexible Single Master Operation (FSMO) ロールが含まれる単一のサーバー) であること
  • ドメイン フォレストのルートであること
  • 子ドメインでないこと
  • 他のドメインとの信頼関係がないこと

を満たす必要があるため、サーバーの移行完了後は21日以内に移行元のサーバーをネットワークから切り離す必要があります。

サーバーの移行の手順

サーバーの移行は、主に以下の手順で行います。

  1. 移行元サーバーでの移行準備
    予め移行元サーバーで、最新アップデートの適用やバックアップ、移行準備ツールの実行等を行います。
  2. WSE をサーバーの移行モードでインストール
  3. クライアントコンピューターをWSEに参加させる
  4. 設定の移行
  5. (フォルダーリダイレクトの構成)
  6. 移行元サーバーの切り離し
  7. 移行後タスクの実行
  8. ベストプラクティスアナライザー(BPA)の実行

ここでは、「2.WSE をサーバーの移行モードでインストール」の手順を紹介します。

サーバーの移行

Windows Server 2012 Essentials のインストール | 薩摩藩中仙道蕨宿別邸の「WSEインストールフェーズ」の1までは新規インストールと共通です。

  1. サーバーのインストールモードで[サーバーの移行]を選択します。
    121027001
  2. 移行ウィザードを開始します。
    121027002
  3. 移行元サーバーのIPアドレス、サーバー名を入力します。
    121027003
  4. [完全ドメイン名]、[ドメイン管理者のユーザーアカウント]、[パスワード]を入力します。
    121027004
  5. 移行先サーバー(WSE)に設定する[会社名]、[サーバー名]を入力します。
    121027005
  6. アップデートの設定
    121027007
  7. 移行作業が完了するまで待ちます。
    121027008

移行の詳細手順

TechNetで、移行元のサーバーの種類毎に、移行前後の手順が解説されていますので、参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする