仮想マシンと物理マシンの間のネットワークスループットが遅い場合

サーバーを仮想環境で動かしている方も多いと思いますが、仮想マシンと物理マシンの間のネットワークスループットが極端に遅い場合があります。

その場合、仮想NIC、物理NICの TCPオフローディング、TCP Chimney オフロード、Virtual Machine Queues をオフにすることでスループットが改善される場合があります。

これらの機能はハードウェアやドライバーが対応していれば本来スループットを向上する技術ですが、逆に対応していない場合はスループット低下の原因となる場合があります。

 

参考:

[Windows 7編]ネットワーク設定を標準で使ってはいけない

Slow Network Access Within Virtual Machines – Broadcom and Hyper-V

ひかりTVショッピング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする