Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 世代のサポートは18年10月に終了。後継製品への移行を検討する必要

Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 世代のメインストリームサポートは、今年2018年10月9日で終了が予定されています。

製品のサポート期限は、Microsoft サポートページから検索することができます。

2023年10月の延長サポート終了までの間は、セキュリティ更新プログラムは提供されますが、新たな機能やセキュリティ関連以外の修正アップデートが提供されなくなりますので、後継製品への移行を検討する必要があります。

受けられなくなるサポートの内容

メインストリーム
サポート
延長サポート サポート終了後 オンライン
セルフ ヘルプ サポート
仕様変更、新機能のリクエスト 対象 対象外 対象外 マイクロソフトのオンライン上にあるリソースを利用し、マイクロソフトに直接コンタクトを取る必要がなく、すばやく問題を可決することができます。
セキュリティ更新プログラム サポート 対象 対象 対象外
セキュリティ関連以外の修正プログラム作成
の新規リクエスト
対象 企業向けの一部のみ対象 対象外
無償サポートライセンス、ライセンス プログラム
および、その他の無償サポートを含む
対象 対象外 対象外
有償サポート 
インシデント サポート時間制サポート
対象 対象 対象外
サポート対象の製品カテゴリ 全製品 ビジネス開発製品のみ 全製品 全製品

参考:OS にはサポート期限があります!

Essentialsの移行先

(1)Windows Server 2016 Essentials

従来のWHSやEssentilasサーバーのように、Windows Serverを使いたい場合の選択肢は、Windows Server 2016 Essentialsになります。2012 R2 Essentialsと比較するとMicrosoft Azure との連携が強化された一方、メディアストリーミング(DLNAサーバー)機能は削除されました。

NTT-Xストア Windows Server 2016 Essentials 59,400円

SOHO/SMBでのビジネスユースは特にWindows Serverがお勧めです。

(2) NASアプライアンス製品

スマホ連携やDTCP-IP対応などを考えると、NASのほうが現実的です。

NTT-Xストア NAS人気商品一覧
 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする