Windows 8.1 では ミラースペースのフォーマットにReFS(復元性のあるファイルシステム)が利用可能に。ReFSはパリティスペースもサポートするように

131118001

ReFS は Windows Server 2012 で新しく導入された、新世代のファイルシステムです。

このブログで取り上げている記憶域スペースは、物理ディスクの障害からデータの消失を防ぐための仕組みですが、ReFSでは”ビット腐敗”のような、物理ディスクの致命的な障害とまでは至らないような原因で起こるデータ消失を防ぐ仕組みといえます。ReFSと記憶域スペースは、異なるレベルのディスク障害に対する相互補完的な仕組みとなっていますが、Windows 8 では記憶域スペースのみが利用でき、ReFSは利用できない状態にありました。

Windows 8.1 では、記憶域スペースのうち、ミラースペース(双方向ミラー、3方向ミラー)のフォーマットにReFSが利用できるようになり、この2つの機能併せ持つメリットをクライアントOSでも享受できるようになりました。

また、ReFSが利用出来ていたWindows Server 2012 でも、従来はミラー(双方向ミラー、3方向ミラー)記憶域スペースでしかReFSは利用出来ませんでしたが、2012 R2 ではパリティスペースでもReFSを使用して、”整合性ストリーム”によるデータの自動修復が可能となったり、ReFSでフォーマットされたボリュームをCSVに追加出来るようになるなど、サーバーOSでもReFSは強化されています。

参考:Resilient File System (ReFS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする