フレッツの通信速度を向上させながらおうちサーバーを公開するならBIGLOBEがおススメかも

以前、おうちサーバー管理人がフレッツ 光ネクストを申し込む際の注意点!プロバイダごとにIPv6 PPPoEとIPoEの接続方式の違いが存在で、

  • IPv6 IPoE 方式が、フレッツの通信速度向上に有効
  • IPv6 IPoEではポート開放を通じたサーバー公開ができなくなる

ことを記載しました。

これはドコモ光など、NTT東西から光卸で光回線の卸を受けて提供しているコラボ事業者の光サービスでも同じです。

サーバー公開のために、IPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを併存させる方法

前回のブログで紹介した、IPv4 PPPoEセッションを別途確立する以外にも、以下の方法がありそうです。

1.  v6プラス(IPv6 IPoE)を利用しながら、IPv4 PPPoEを有効にする

IPv6 IPoEを利用するためにv6プラスを契約すると、NTTから貸与されているホームゲートウェイでIPv4 PPPoEの設定が利用できなくなります。

v6プラスを契約した時点で、NGN網のフレッツジョイント機能を利用し、ホームゲートウェイに対してアプリが配信されます。

配信されたアプリは、

  • http://ntt.setup/t
  • http://ntt.setup:8888/t
  • http://ホームゲートウェイのIPアドレス:8888/t

で確認することができます。アプリ上で、IPv4をオフにすることで、IPv4 PPPoEのメニューがホームゲートウェイ上での有効になります。

2. ISPをBIGLOBEに変更して、IPv6オプション ライトを契約する

IPv6接続とは、IPoE方式による光回線の高速化であり、対象はビッグローブ光、フレッツ光、ドコモ光です。IPv6オプションと無線LAN付きの接続機器を利用することで切り替えることができます。

おそらくBIGLOBE独自のサービスではないかと思うのですが、IPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを併存させる、「IPv6オプション ライト」がBIGLOBEから提供されています。

NTT東西から提供されるフレッツ v6オプションでは、IPv6 IPoEとIPv4 over IPv6が同時提供されますが、「IPv6オプション ライト」では、IPv6 IPoEがIPv4とは切り離されて単体で提供され、ホームゲートウェイのIPv4 PPPoE接続設定はイネーブルとままとなります。

これを利用することで、IPv6対応通信はIPv6 IPoEで、IPv4通信はIPv4 PPPoEで通信することが可能になります。

DDNSやポート開放もIPv4上で行うことで可能になりますので、おうちサーバー管理人にはおすすめです。

ドコモ光のType A/B はISP変更手数料 3,000円が発生

ドコモ光を利用していて、Type A/BのISPを利用している場合、ISP変更には手数料 3,000円が発生します。

しかし、夜間を中止とした極端な通信速度を経験している場合、原因はISPおよびPPPoEの設備への負荷にあり、ISP変更手数料が発生したとしてもIPv6 IPoEによる快適な通信速度を手に入れる価値は十分あると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク