Windows Home Serverばりのクライアントコンピューターの集中バックアップを実現するフリーのバックアップソフト 「AOMEI Backupper Network」。仮想マシンのバックアップにも対応

Windows Home ServerやWindows Server Essentialsエディションのように、ダッシュボード上でネットワーク上のクライアントPCを一覧管理し、共有フォルダーやNAS上にイメージバックアップができる、「AOMEI Backupper Network」がAOMEI Technology からリリースされました。 AOMEI Backupper Networkは、無料でダウンロードできます。

日本語版サイトはベータ版のままとなっています(2018/5/7時点)。
正式版は、英語版サイトからダウンロードしてください。

管理コンピューターにはAOMEI Backupper Network(無料)を、クライアントコンピューターにはAOMEI Backupper Standard(無料)をインストールします。

WHSやWSE同様に、管理コンピューター上からAOMEI Backupper StandardがインストールされたクライアントPCのバックアップを管理することができ、バックアップイメージは共有フォルダーやNAS上に保存することができますので、複数のPCがある家庭はもちろん、中小企業の管理者にとっても便利なソフトになりそうです。

本日公開されたファイナルリリースでは、ベータ版から以下のような改善も実施されています。

仮想マシンをインストールできるNASを使って、WHSの代替ソリューションを作れそう

AOMEI Backupper Network」の登場で、WHSやWindows Server Essentialsの特徴的な機能だったクライアントコンピューターのイメージバックアップが代替できるようになりました。

最近では、NASの機能向上が著しく、リモートアクセスやVPN、スマホアプリからのアクセスなどの機能が充実しています。

また、ハイパーバイザーの機能を備え、仮想マシンを稼働させられるNASなどもでています。

NAS各社の仮想化対応には、以下のような例があります。

これらのNASにWindows 10やWindows Serverなどをインストールし、NASネイティブの機能と、Windows OS上に追加した「AOMEI Backupper Network」のクライアントバックアップなどの機能を組み合わせることで、家庭でも中小企業でも便利なサーバーを構築することもできそうです。

実際の使い方は別途詳しく紹介したいと思います。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする