[FAQ:WS2012R2E]Windows Server 2012 R2 Essentials R2 ドメインに、セカンダリーの Windows Server 2012 R2 Essentials を追加する

Windows Server 2012 R2 Essentials の機能強化ポイントWindows Server 2012 R2 Preview - 既存のドメイン環境で、Essentials の役割を利用する方法で、Windows Server 2012 R2 Essentials では既存のドメイン環境で Windows Server Essentials エクスペリエンス を有効化出来ることを書きました。

今回は、既存のドメイン環境に、Windows Server 2012 R2 Essentials を追加してみます。

既存ドメインに Windows Server 2012 R2 Essentials を参加させる手順

以前も書きましたが、既存のドメインに参加するシナリオはWindows Server 2012 R2 Standard または Datacenter で Windows Server Essentilas エクスペリエンスを有効化する場合しか利用出来ない点に注意してください。Essentials SKU ではこのシナリオは利用出来ません。

まず、Windows Server Essentials エクスペリエンスを有効化する前に、Windows Server 2012 R2 を、既存のドメインにメンバーサーバーとして参加させます。この場合の既存のドメインは、Windows Server 2012 R2 Essentials ドメインや Small Business Server 2011 Essentials のドメインでも問題ありません。

  1. セカンダリーとして参加させる Windows Server 2012 R2 のDNSを、プライマリーの Windows Server 2012 R2 Essentilas の IPアドレスに指定します。
  2. システム>変更 を押下し、ドメイン名に Windows Server 2012 R2 Essentilas のドメイン名を指定し、OKを押下。Windows Server 2012 R2 Essentilas に登録されているユーザーのアカウントとパスワードを入力して、ドメインに参加します。
    130720001
  3. ドメインへの参加に成功すると、以下の画面が表示されますので、OKを押下後に再起動します。
    130720002
  4. ドメインに参加出来たら、サーバーマネージャーから、[Windows Server Essentials エクスペリエンス]の役割を追加します。具体的な手順は、Windows Server 2012 R2 Preview - 既存のドメイン環境で、Essentials の役割を利用する方法に記載の通りです。
  5. ドメインメンバーサーバーの場合、[Windows Server Essentials エクスペリエンス]の構成ウィザードで設定する内容も少し異なります。 
    130720004
    ウィザードのトップ画面では、「このサーバーはドメインメンバーにセットアップされています。ドメインメンバーのWindows Server Essentials をセットアップするには次へをクリックしてください」と表示されています。
  6. 次の画面では、プライマリーのWindows Server 2012 R2 Essentials の管理者アカウントを入力し、[構成]を押下します。
    130720005
  7. サーバーの構成が開始されます。
    130720007
  8. 構成が完了したら終了です。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする