[FAQ:WS2012R2E]ダッシュボードからセカンダリーサーバー上に共有フォルダーを作成する

Windows Server 2012 R2 Essentials では、プライマリーサーバーのダッシュボードから、セカンダリーサーバーのストレージ上に共有フォルダーを作成することも可能です。セカンダリーサーバーは、Windows Server Essentials エクスペリエンスが有効化された Windows Server でも良いですし、Windows Server でなくてもドメインにメンバーサーバーとして参加出来ればセカンダリーサーバーとして利用することが出来ますので、ADに参加出来る機能を持ったNASなどを有効活用することも出来ます。

ダッシュボードからセカンダリーサーバー上に共有フォルダーを作成する

  1. プライマリーサーバーのダッシュボードを開きます。
  2. 記憶域タブ>サーバーフォルダータブ>サーバーフォルダーペインの[フォルダーの追加] の順に押下します。
  3. [フォルダーの追加]画面で[参照]を押下すると、ドメインにメンバーサーバーとして参加しているサーバーが表示されます。
    130721001_thumb
  4. セカンダリーサーバーのストレージ内を指定して、共有フォルダーを作成することが出来ます。 ここでは[テスト]という名前の共有フォルダーを、セカンダリーサーバー上に作成します。
    130721004_thumb
  5. セカンダリーサーバー上に作成した共有フォルダーも、プライマリーサーバーの共有フォルダーからアクセスすることが出来ます(DFSが自動で構成され、Shared Folders 名前空間配下に表示されます)。
    130721005_thumb 
  6. セカンダリーサーバーに登録した共有フォルダーは、プライマリーサーバーのRWAからもアクセス出来ます。
    130721008_thumb

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする