Windows 8.1 Update 1で導入された Windows Image File Boot(WIMBoot)では、OSインストール領域が3GB程度に圧縮されユーザー使用領域が拡大

先日公開されたWindowsu 8.1 Update では、Windows Image File Boot(WIMBoot)により、OSが使用するファイルを圧縮したままOSのブートが可能になります。

これにより、TabletデバイスなどSSD領域の少ないデバイスでもユーザーが使用できる領域が増えることになります。ただし、このインストール方法はUEFIモードで動作し、SSDまたはeMMCを搭載するデバイスにクライアントOSをインストールする場合にのみ使用することができます。

クライアントOSであれば、x86、AMD64、ARMを問わずWIMBootを利用できるため、SurfaceのようやRTデバイス、昨今人気を博している8インチタブレットなどで今後WIMBootでプリインされて発売されるデバイスが出てくる見込みです。

What is Windows Image Boot (WIMBoot)?には、ユーザーの手でWIMBootを用いてインストールする手順へのリンクも紹介されています。

参考:
Windows Image File Boot (WIMBoot) Overview
What is Windows Image Boot (WIMBoot)?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする