Windows ServerでMPIO(マルチパス I/O)利用時に、異なる物理ディスクを同一のディスクと誤認識するおそれ。場合によってはデータ消失に繋がる場合も。

掲題の通りですが、Multipath I/O identifies different disks as the same disk in WindowsというKB情報とHotfixが公開されています。

対象OSにはサーバーOS(2008、2008R2、2012、2012 R2)だけでなくクライアントOS(Vista、7、8、8.1)も含まれていますが、通常はCSVのように、SPOFを無くして高可用性を実現するため、マルチパスI/Oを利用しているような環境はサーバーOSに限られるのではないかと思います。

非常に稀とは書かれていますが、場合によってはデータを消失するリスクもありますので、MPIOを利用している環境ではhotfixの適用を検討されることをお勧めします。

ひかりTVショッピング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする