Office 365 solo で常に最新のOfficeを入手。1TBのオンラインストレージサービスも付属。WindowsもMacも使う人には特にお勧め。

Microsoft から日本でも個人向けOffice 365の販売を開始しました。

141018001

Office 365 はこれまでの売切型のOffice(WordやExcel、PowerPointなど)ソフトではなく、月額サブスクリプション契約型のOfficeサービスと考えると分かりやすいと思います。Office 365では、最新のOffice、しかもWord、Excel、Outlook、Onenoteだけではなく、PowerPointや通常のプリインストールではこれまでプリインされていなかったようなAccessまで含めて、契約期間中は常に最新のバージョンを利用することができます。

PCを購入したけれど、PowerPointがプリインストールされていなくて別途購入した経験や、Accessを使ってデータベースの勉強をしたいのだけれど自宅のパソコンには入っていないという経験をされた方も多いのではないかと思います。あるいは、会社のExcelやPowerPointは新しいのに、自宅のは古くて使い方が違って戸惑った経験もあるのではないでしょうか。そんな方にはOffice365はお勧めです。

しかも、従来はMac用のOfficeは別に購入する必要がありましたが、Office365を契約するとMac用のOfficeもライセンス内(最大 2 台の PC または Mac、さらに 2 台のタブレット)で利用することができます。モバイルを中心にMacBookなどを利用している方も多いと思いますが、Mac用のOfficeも自宅で利用するWindows用のOfficeも両方利用できるのは相当なコストメリットがあります。(利用料金は、月額1,274円、年払いだと12,744円となります。)

加えて、OneDriveでは1TBのオンラインストレージも付属してきます。スマートフォンにはOneDriveアプリをインストールすることで、スマホで撮影した写真も自動的にクラウド上のオンラインストレージ上にバックアップされ、友人と共有するなんてことも簡単にできるようになります。

「Microsoft Officeを買う」から「Microsoft Officeを契約」するという新しいスタイルに移行してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする