Windows Server vNext のリリースは来年にずれ込む見込み

150201001

Windows Server and System Center roadmap update – Microsoft Server and Cloud Platform Blog – Site Home – TechNet Blogsで、Windows Server vNextのリリースが2016年にずれ込むことが明らかにされました。同様に、ブログ記事では次のTechnical Previewは2015年春になることも明らかにされています。

Windows Server vNextでは、MicrsofotがMicrosoft Azureを中心として展開してきたクラウドサービスで得た経験を基に、より簡便に、アジャイル的に、柔軟で、一貫性のあるオンプレミスとクラウドのハイブリッド構築環境を可能とするサーバーOSとなる見込みです。

Windows Server 2003 R2のEOSに続き、2008,2008R2のメインストリームサポートが終了した今後は、2012以降のOSの導入が加速していくものと思われますが、サーバーOSの更改タイミングを考えると、今年のvNext投入は少し早すぎるとの判断なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする