[FAQ]WHS V1、WHS2011で「アクセスベースの列挙」を構成する

サーバーの共有フォルダにアクセスした際、アクセス権のないユーザーには共有フォルダの存在すら表示したくない場合があります。WHS V1のコンソールやWHS2011のダッシュボードを通じて設定出来る標準の機能の中にこの機能はありません。

しかし、ベースOSとなっているWindows Server 2003 R2やWindows Server 2008 R2では、「アクセスベースの列挙(Access-Based Emulation)」(ABE)という機能があり、これを利用することでアクセス権のないユーザーに対してその共有フォルダの存在を隠すことが出来ます。このアクセスベースの列挙はリモートWebアクセスサイトでも有効となります。

 

以下に構成方法をご紹介する前にいつものお約束ですが、WHS V1、WHS2011ともにコンソール、ダッシュボード以外からの操作はサポート外の行為となります。上記についても同様ですので、その点をよく理解頂いて利用頂けるようお願いします。

 #  アクセスベースの列挙はルートフォルダーには有効になりませんので、サーバーのダッシュボードから作成したフォルダーそのものには有効になりません。その配下のフォルダーに対して有効になるため、パワーユーザー向けのTipsになります。

「アクセスベースの列挙」の構成方法

WHS V1の場合

Download Details – Microsoft Download Center – Windows Server 2003 Access-based EnumerationからWINDOWS SERVER 2003 ACCESS-BASED ENUMERATION/I386/ABEUI.msiをDLしWHS V1にインストールします。具体的手順は@IT:特集:Windows Server 2003 SP1レビュー 第6回 アクセス・ベースのディレクトリ列挙ABE 1.アクセス・ベースのディレクトリ列挙ABEとはを参考にしてください。

 

WHS2011の場合

WHS2011では特に新たなツールをインストールする必要はありません。

  1. WHS2011にリモートデスクトップで接続し、サーバーマネージャー>役割>ファイルサービス>共有と記憶域の管理 を開きます。
  2. [共有]タブ内のペインに表示されているサーバーの共有フォルダの一覧から、アクセスベースの列挙を有効にしたい共有フォルダを右クリックし、プロパティを開きます。
  3. [共有]タブ内の[詳細設定]を押下します。
  4. [ユーザー数制限]タブの[アクセスベースの列挙を有効にする]にチェックをつけます。
    110930001
  5. ABEを有効にしたい共有フォルダに対して2~4の操作を繰り返します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. USAMARU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お手数ですがWHS V1 アクセスベースの列挙の設定方法を
    ブログに紹介していただければ幸いです。
    (特にエクスプローラーでの共有フォルダのプロパティを表示する際の階層がわかりません)
    よろしくお願いします。

  2. saku より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    WHS2011だと[管理ツール]→[共有と記憶域の管理]から設定できるようです。
    ただ、アクセスベースの列挙を有効にしても結局見えてます。
    ほかに設定するとこがあるのでしょうか?