Windows Small Business Server 2011 Essentials 用 Office 365 統合モジュール

111223001×111223002

先日からベータ版が公開(Office 365 Integration Module Beta for Windows Small Business Server 2011 Essentialsが公開されました | 薩摩藩中仙道蕨宿別邸)されていた、Windows Small Business Server 2011 Essentials用Office365統合モジュール(OIM)が正式に公開されました。Microsoft Donload Center からダウンロード出来ます。ベータ版では英語版のみでしたら、RTWでは日本語版も入手可能です。

オンプレミスとクラウドのハイブリッドサーバーOSとして登場したSBSeでしたが、ようやく当初目論んでいたハイブリッドOSとしての実力を発揮できる環境が整ったといえるでしょう。

OIMを利用することで、Windows Small Business Server 2011 Essentialsのダッシュボードから、SBSeドメインのユーザーアカウントと、Office365のアカウントを統合的に管理することが可能になります。具体的には以下のことが可能です。

  • Office 365 に新規加入するか、または既存のサブスクリプションを使用するようにサーバーを構成する
  • ダッシュボードから、以下の Office 365 アカウント管理タスクを実行する。
    • Office 365 アカウントの作成
    • 新規または既存の Office 365 アカウントのネットワーク ユーザー アカウントへの割り当て
    • Office 365 アカウントのアクティブ化または非アクティブ化
    • Office 365 へのインターネット ドメインのリンク
      たとえば、xxx.co.jpのような自社用のドメインを取得していた場合、Office365にドメインをリンクして、Office365のメールでもyyy@xxx.co.jp のように自社ドメインを利用することが出来ます。
    • Office 365 サブスクリプションに関する使用状況およびその他の情報の表示
    • サーバー ダッシュボードの Office 365 ページから、Office 365 管理ポータルへのアクセス。

Office365の構成

OIMをインストールしてサーバーを再起動すると、ダッシュボードのホームタブに、[Microsoft Office365統合のセットアップ]が表示されます(OIMインストール前は、Microsoft Online365のセットアップと表示されています)。
111223004
これをクリックすることで、セットアップウィザードが起動します。セットアップ方法についてはOIM:ダッシュボードを通じたOffice365の構成を参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする