[FAQ]クライアント リストア 時のドライバインストール方法

WHS FAQ

WHSでバックアップしていたクライアントをリストアする際に、NICなどのドライバがうまく見つからずに苦戦することがあります。 WHSでは、クライアントバックアップ時に、リストアに必要なドライバを自動でバックアップしています([Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダ)ので、それを活用することでリストアを円滑に実施することが出来ます。または、リストアCDはVista世代のWinPE(32bit)になっていますので、メーカーサイト等からクライアントPCに搭載されているNICのVista 32bit用のドライバを入手して読み込ませるとうまくいきます。(詳細は[FAQ]クライアントがリストア出来ないを参考にしてください)

RAID構成のクライアントも以下の手順でリストア可能だと思います。

[Windows Home Server Drivers for Restore]の取り出し方法

  1. コネクトソフトから、WHSのコンソールにアクセスし[コンピューターとバックアップ]を開く
    ce9fd3141f85ef58b02b3360f1328e47
  2. リストア対象のクライアントを選択し、[バックアップを表示]を押下
    5df270efe32b7536ec73f9b19bc4bf9c
  3. 直近のリストアを選択し、[開く]ボタンを押下すると、バックアップのマウントが開始される。初回実施時には途中でドライバのインストールが走る。
    110402001
  4. 選択したバックアップイメージがエクスプローラーで開き、中のフォルダ、ファイルが閲覧できるようになる。
    05441a7d0b33b5d61351c2ee2045a08c
  5. [Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダに、リストアに必要なドライバがバックアップされている。 [Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダ毎、USBメモリなどにコピーする
    a8d03c3820d080a8f2fba32791f3549f

リストア時に[Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダのドライバを適用する方法

  1. WHSリストアCDからクライアントを起動する
    d389bcf3049c5c74a2d25bb4190ac3ba
  2. キーボードの指定
    d95744ed007bf2433a0740271ad53969
  3. ハードウェアの検出画面で[詳細を表示]を押下
    102dd014d24e54db7017bd568c2e047e
  4. リストアウィザードで認識されたハードウェアが表示される。
    cbaabcb7df3e7c93aa279b7fcb3229e7
    ここで表示されていないハードウェアは認識していないため、表示されていないハードウェアを認識させたい場合は[ドライバのインストール]を押下 (ただし表示されていても、特にRealTekのNICなどは正しいドライバがあたっていないケースがあるため、リストアに失敗する場合は、手動でドライバを適用すること。詳細は[FAQ]クライアントがリストア出来ない[FAQ]RealtekのNICでリストアがうまくいかないも参考に)
  5. [Windows Home Server Drivers for Restore]フォルダをコピーしたUSBメモリまたはメーカーサイトからDLしたドライバ(圧縮されている場合やexeファイル形式でDLした場合は解凍した上で)を保存したUSBメモリをクライアントPCに接続して[スキャン]を押下する。ハードウェアが認識されたら、以降は通常通りリストアを実施。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
タイトルとURLをコピーしました