[記憶域プールをPowerShellで使いこなす]New-StorageTier

New-StorageTier

概要

New-StorageTierは、物理ディスクを束ねて作成した記憶域プールの上に、記憶域階層を作成するコマンドレットです。高速階層と標準階層からなる記憶域階層を用いて仮想ディスクを作成することで、SSDの高速性とHDDの大容量の両方の特徴を備えた仮想ディスクを作成することができます。

Windows Server 2016のPowerShellで、

を実行した出力は以下の通りです。

New-StorageTierの詳細は、TechNetライブラリのNew-StorageTierを参照してください。

TechNetライブラリのドキュメントは2012 R2までの情報ですが、2016の出力と比較すると、2016にはドキュメントにはない属性が存在しています。

Storage Spaces Direct で追加された機能と属性を調べるには、

の出力を参照すると参考になります。

構文例

以下のような形で用いることができます。

例1:記憶域階層を作成する

SSDとHDDから作成されているTierdPool01という名前の記憶域プールの上に、SSDを用いてSSD_TIER、HDDを用いてHDD_TIERという名前の記憶域階層を作成します。

例2:回復性を備えた記憶域階層を用いて、ミラーリングによって高速化されたパリティ(Mirror-accelerated parity)を作成する

Windows Server 2016の記憶域スペースダイレクト(Storage Spaces Direct、S2D)では、記憶域階層のそれぞれの階層に対して回復性を持たせることができます。

これにより、高速階層(SSD階層)をミラーで標準階層(HDD階層)をパリティで作成する、ミラーリングによって高速化されたパリティ(Mirror-accelerated parity)を作成することができます。

SSDで作成した高速階層をスループットに優れるミラースペースで作成し、HDDで作成した標準階層をディスク使用効率に優れるパリティで作成することで、パフォーマンスとディスク使用効率に優れた仮想ディスクを作成することができます。

ただし、この特徴を利用してデータをリアルタイムで階層間で配置するにはReFSがファイルシステムとして備える機能を利用するため、仮想ディスクはReFSでフォーマットされる必要があります。

SSDとHDDから作成されているTierdPool01という名前の記憶域プールの上に、SSDを用いてSSD_TIER、HDDを用いてHDD_TIERという名前の記憶域階層を作成しているのは例1と同じです。

ここでは、それに加えてSSD_Tierを列1のミラースペース、HDD_Tierを列3のパリティスペースで作成するよう属性を加えています。

ミラーリングによって高速化されたパリティについては、Windows Server 2016のMirror-accelerated parityとReFSを参照して下さい。

Windows Server 2016で拡張された属性

2016では、記憶域スペースダイレクト(Storage Spaces Direct、S2D)や、NVDIMMのサポートなどにより、拡張されています。

通常仮想ディスクが備える属性である、回復性や列の数、プロビジョニングタイプなどの属性は、2016以降で利用できます。

記憶域スペースを管理するPowerShellのCmdletに、その他にも主なコマンドレットの一覧を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク