Raspberry Piで省電力NASを作る!ブラウザで設定管理できる「OpenMediaValut」

最近、Raspberry Piを購入してあれこれ試していますが、Raspberry Piは本当にいろんなことができます。夏休みのオトナの宿題にぴったりなテーマとして今回は、Raspberry PiでNASを作るお話です。

Paspberry Piを使ってWebサーバーやNASを作る記事はネット上に多数ありますが、どうしてもLinuxのCLI(コマンドラインインターフェイス)が登場したとたんWindowsユーザーの自宅サーバー管理人にとっては敷居が高くなります。

でも、実は日本ではあまり知られていませんが、Webブラウザから管理できるRaspberry Pi用のNAS構築向きのOSが公開されています。

それが、今回紹介するOpenMediaVaultです。

OpenMediaVaultとは?

OpenMediaVaultは、Raspberry Piでもよく利用されているDebian Linuxをベースに開発された、NAS構築用のソリューションです。

ブラウザからの管理

ブラウザ上からシステム全体の管理ができるのが最大の特徴です。、LinuxのSoftware RAIDもブラウザからGUIで作成・管理ができます。

ユーザー/共有フォルダーの作成、アクセス権などもブラウザから設定できます。

物理ストレージやLinuxのSoftware RAIDなどももちろんGUIで管理できます。

S.M.A.R.T情報も標準でブラウザからみられるのも、記憶域スペースで悩まされている身からすると大きいです。

もちろんファイルサーバーとしてSMB/CIFS(S)にも対応しており、FTPやiTumesサーバーの機能もあります。

またプラグインによる機能拡張の仕組みもあります。こうやってみてくると、このブログの読者にとってはWindows Home Serverをほうふつとさせるものがありますね。

メール通知の仕組みもあります。

自宅サーバー管理人のみなさん、夏休みの自由研究の課題として不足はないのではないでしょうか?私もRaspberry Piを買い増しして試してみようかしらと考え始めています。

参考:

OpenMediaVaultホームページ
OpenMediaVaultのダウンロード
How to build a Raspberry Pi-powered NAS
ドキュメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする