JBODエンクロージャーを使用して記憶域スペースを利用している場合の Hotfix が公開されています

恐らく国内ではあまりSAS JBODエンクロージャーを使用して記憶域スペースを利用しているケースはまだそうそうないのではないかと思います(特にこのブログを読んでいるような個人ではまずないでしょう)が、FIX: Only the last added drive has the correct Storage Spaces enclosure awareness information in Windows Server 2012が公開されています。

JBODエンクロージャーを使用して記憶域スペースを利用する場合、IsEnclosureAware 属性を $True にすると、たとえば回復性の種類がミラーの場合は、エンクロージャー単位でデータのコピーを保持することで、複数のエンクロージャーのうちある特定のエンクロージャー全体に障害が発生してアクセスできなくなった場合でもデータへのアクセスを担保することができます。IsEnclosureAwareはこのような属性なのですが、これを使用していると新しいディスクをエンクロージャに追加した場合に、追加したディスク以外の、対象エンクロージャー内全てのそれまで接続されていた他の物理ディスクについてエンクロージャー情報(物理スロット情報など)が記憶域スペースから失われるというバグがあるようです。

hotfixが公開されていますので、SAS共有アレイを用いて記憶域スペースを使用されている場合は適応をお勧めします。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする