Add-In: Time Traveler for Windows Home Server

[FAQ]ボリューム・シャドウ・コピー(VSS)は Power Pack 1 からデフォルトでは無効になります。でも解説されていますが、PP1以降、Volume Shadow Copy Service は無効になっています。VSSが無効ということは、[以前のバージョン]が使えないことを意味しています。[以前のバージョン]が使えれば、間違ってファイルを上書きしたり、古いバージョンのファイルが必要になった場合にも、ロールバックして取り出すことが出来るのですが、現状WHSではそれが出来ません。

今日ご紹介するのはWindowsの[以前のバージョン]のように、過去のロールバックポイントからファイルを復元出来るadd-in Time Traveler for Windows Home Server です。

add-inには、大きく3種類あり、

  • コミュニティアドイン・・・開発者が主にフリーやドネーションウェアとして一般に公開しているアドイン
  • OEM謹製アドイン・・・HPのMSSなどにプリインされている、OEMメーカー製アドイン
    (AcerのH340にプリインされているアドインはすべてがこれとは限らない)
  • コマーシャルアドイン・・・商用のアドイン。ソフトメーカーがWHS対応を謳って販売している。Twonky Media ServerやDiskeeperなどがこれにあたる。

に分かれます(上記の分類は私の勝手な命名もありますので参考までということで)。この辺のお話は12/23のイベントでもしようかなと思っていますが…。

Time Traveler for Windows Home Server はコマーシャルアドインですので、有償で販売されています($29.99 買うなら歴史的円高の今かも?)。トライアルバージョンでは、最大利用できるロールバックポイントが25までという制限がかかっています。

インストール

インストールすると、以下のようにコンソールにタブが出来ます。
(現在のバージョンでは、WHSがPP2でないとインストールが出来ません(-_-;) ご注意ください)

V1.2からPP3でもインストール出来るようになりました。

091203001[6]

ロールバック対象フォルダの設定

共有フォルダのロールバックを有効にするには、有効にしたい共有フォルダを右クリックし、[Enable]を選択します。

091203002

すると、コンソール上で[Rollback Enabled]の表示が[Yes]に変わります。

091203003

ロールバックポイント作成スケジュールの設定

実際のロールバックポイントは、コンソールの下部にあるスケジューリング設定に従って作成されます。
091203004

・指定した分おき

・毎日○○時

・手動

の3つから選ぶことが出来ます。

ロールバック

実際にロールバックするには、ロールバックしたい共有フォルダを右クリックします。

091203007

以下のように、ロールバックしたい日時と、ロールバックしたフォルダ/ファイルの保存先を指定した上で、

・共有フォルダ全体

091203008

・特定のフォルダ

091203009

・特定のファイル

091203011

の3つのうちいずれかを指定してロールバックすることが可能です。
 (ただし手元の環境で試したところ、ファイルを指定してのロールバックは日本語環境ではうまく動いてないようです。共有フォルダ、または特定のフォルダのロールバックは問題なさそうです。)

(V1.2で日本語ファイルのロールバックも確認出来ました)

ロールバックが完了すると、

091203015

このように表示され、保存先のフォルダを開くと対象が復元されていることが確認できます。

ここまで見てきましたが、コンソールからファイルを復元出来るという点でも非常に魅力的なadd-inではないかと思います。[以前のバージョン]が使えれば便利なのにと思っていた方、是非お試しになってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. shinobu より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    ださっちさん
    いつも方々でお世話になっております。
    この記事を参考にして、VSSの代わりにTime Traveler for WHSを導入してみました。
    深夜にロールバックを作成する運用を続けていますが、Scanはされるものの、ロールバックポイントが正しく作成されないことがあることがわかりました。
    情報が結構少なくて、試行錯誤を繰り返していましたが、どうやらサイズの大きなファイル(動画など)が存在すると、ロールバックポイントが作成されないことがあるようです。
    (そもそも、50GBもある動画入りのフォルダを入れたままにしていた私が悪いんですが・・・)
    このアドインの動作の制限事項などがあるのだと思いますが、なかなか該当する情報が手に入りません。
    ださっちさんのところではロールバックポイントの作成状況はいかがでしょうか。

  2. ださっち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     こんばんは。コメントを頂戴しありがとうございます。
    こちらでは、特段ロールバックポイント作成の不具合は生じていません。
    私の場合、動画などのあまり大きなサイズのファイルはないせいかもしれません。
    ロールバックが必要なのは、通常オフィス系のファイルなどが中心だと思うので、
    動画などのGB単位のファイルのロールバックはあまり想定されていないのかもしれませんね。
    もし何かわかったことがあったら、そのときにはブログに記載しますね。

  3. shinobu より:

    SECRET: 0
    PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
    普通に考えてもロールバックの対象は、オフィス系のファイルが中心ですよね。
    家族が学校の先生をしてるので、うっかり上書きの対策にTime Traveler for WHSを導入したんですが、結構動画も使うらしく動画も溜め込まれているんです。
    ある一定以上のサイズのロールバックは作成しないとか、拡張子を指定できるとかできるようにならないか、作者さんにも提案してみようかな・・・と思います。