[FAQ:WHS2011]Windows 8.1にアップグレードしたあと、バックアップに失敗する

Windows 8.1 にアップグレードして以降、Windows Home Server 2011 でWindows 8.1 クライアントコンピューター のバックアップに失敗する場合、以下を試してください。

  1. WHS2011に最新のアップデートを適用する。
  2. クライアントコンピューターを再起動して、しばらくネットワークに接続したままにする。
  3. 2で解決しない場合、コネクターの再インストールを実行する。
  4. 3でも解決しない場合、バックアップの設定を変更し、「システムで予約済み」領域をバックアップしないように構成してみる
  5. 4でバックアップに成功した場合、VSSの問題が疑われますので、以下を上から順に実施してみてください。

VSSに関する問題の解決方法

  1. システム予約済み領域にドライブレターが割り当てられている場合は、ディスクの管理から、ドライブレターを削除する。
  2. VSSのアクセス権を設定する。
    以下のコマンドをバッチファイルとして保存し、管理者権限で実行します。

    Takeown /f %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /a

    icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant "NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)"

    icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant "NT Service\trustedinstaller:(F)"

    icacls %windir%\winsxs\temp\PendingRenames /grant BUILTIN\Users:(RX)

    Takeown /f %windir%\winsxs\filemaps\* /a

    icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant "NT AUTHORITY\SYSTEM:(RX)"

    icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant "NT Service\trustedinstaller:(F)"

    icacls %windir%\winsxs\filemaps\*.* /grant BUILTIN\Users:(RX)

    net stop cryptsvc
    net start cryptsvc

  • レジストリを変更して、VSSのアクセス権を設定する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\VSS\VssAccessControl
    に以下のキーが存在していることを確認します。ない場合は、追加します。
    キー名:NT Authority\NetworkService
    DWORD値:00000001
  • 「シャドウコピーの記憶域の最大領域」を拡大する。
    コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、以下のコマンドを実行してみてください。
    Vssadmin list shadowstorage
    表示された「シャドウコピーの記憶域の最大領域」を確認し、以下のコマンドを使ってそれよりも大きな領域サイズに変更します。たとえば、25GBに拡大する場合は
    Vssadmin resize shadowstorage /For=C: /On=C: /MaxSize=25GB
  • 解決しない場合、以下のコマンドで、古いVSSスナップショットを削除してみてください。
    vssadmin delete shadows /all
  • シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする