[FAQ:WHS2011]クライアントコネクターのインストールに失敗する

WHS2011では、http://server名/connect からクライアントソフトをインストールするようになっています(WHS2011のクライアントコネクターをインストールする – 薩摩藩中仙道蕨宿別邸参照)。クライアントソフトのインストールに失敗する場合、以下を確認します。


  1. 名前解決の確認

    クライアントPCのコマンドプロンプトから ping サーバー名 を実行して、結果が返ってくるか。返ってこない場合は、NetBIOSの名前解決のためのブロードキャストをファイアーウォールソフト等が塞いでいる場合があるため、確認する。


  2. IPv6の確認

    通常、クライアントコネクターのインストール時にはIPv6が利用できる場合、サーバー名からIPv6アドレスに変換して通信するため、ルーターのIPv6機能を有効にし、クライアントPCでもIPv6を有効化する。IPv6を利用できない場合は、 http://IPv4アドレス/connect と、明示的にIPv4アドレスを指定した上でインストールに進むと、以降はIPv4アドレスで通信を行う。


  3. ファイアーウォールソフト/統合セキュリティソフトの確認

    ファイアーウォールソフト/統合セキュリティソフトを利用していると、TCP 65510等インストール時に通信を行うポートを塞いでいる、またはアプリケーションが通信を行うことを妨げている可能性があるため、アンインストールしてからクライアントコネクターのインストールを行う。


  4. .NET Framework 4.0 のインストール

    通常は.NET Framework 4.0 が未インストールの場合はWHS2011からダウンロードしてくる。もし.NET Framework 4.0 のダウンロードに失敗する場合は、直接ダウンロード詳細 Microsoft .NET Framework 4 Client Profile (スタンドアロンのインストーラー)からダウンロードしてインストールしてみる。


  5. RAMディスクは利用しない

    WHS V1の場合([FAQ]コネクタのインストールに失敗する、サーバーが見つからない(3) – 薩摩藩中仙道蕨宿別邸参照)と同様、RAMディスク上にTempフォルダを移動していると、インストールに失敗します(正確にはRAMディスクというよりドライブのルートにTemp環境変数が指定されている場合)。RAMディスクを利用している場合はデフォルトの環境変数に戻す。


  6. クライアントPC名のコンピューター名/コンピューターの説明を確認する

    クライアントPCのコンピューター名にASCIIキャラクター以外の文字列を利用している場合、WHS2011への登録に失敗するため、コンピューター名を変更する。


  7. WHSのパスワードを確認する

    クライアントPCのパスワードに、\(バックスペース)や”(ダブルクオテーション)、スペース等を含んでいる場合インストールに失敗する場合があるため、パスワードの変更を検討する。


  8. FAT32からNTFSにコンバートした場合

    HDDをFAT32からNTFSにコンバートした場合、Machine key フォルダのアクセス権が正しく設定されず、コネクターのインストール時にエラーが発生する場合があります。

    を確認し、 C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA (Vista/7の場合は C:\ProgramData\Microsoft\Crypto\RSA)  フォルダに対して administrator、SYSTEM アカウントのフルアクセス権を設定します。
  9. .NET Framework 4 WCF に関する既知の問題により、いくつかのサービスが開始できないことが原因の場合

    .NET Framework 4 における既知の問題(KB2531867)により、いくつかのサービスが開始出来ず、結果としてWHS2011のコネクターインストールに問題が生じる場合があります。
    おそらく、Clientdeploy.log で “Could not ensure NetTcpPortSharing service is Running”エラーが出る事例はこれに該当するのではないかと思われます。
    Hotfix rollup package 2532942 is available for Windows Communication Foundation for the .NET Framework 4 には修正ファイルの入手にはMSに連絡するよう記載されていますが、ConnectサイトからDLすることが可能です。DLしたNDP40-KB2532942-x86.exeまたはNDP40-KB2532942-x64.exeをクライアントPCにインストールし再起動後、再度コネクターのインストールを試行してみてください。

なおこれはインストール後の問題ですが、クライアントPCに自動ログオンを構成していた場合、WHS2011のクライアントコネクタをインストールした後クライアントPCへの自動ログオンが無効になります。自動ログオンを有効にする場合は再度コネクターソフトインストール完了後設定しなおしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする