[FAQ]コネクタのインストールに失敗する、サーバーが見つからない(3)

コネクタのインストールに失敗する場合のトラブルシュートは過去に
[FAQ]コネクタのインストールに失敗する、サーバーが見つからない
[FAQ]コネクタのインストールに失敗する、サーバーが見つからない(2)

の2つをご紹介しました。

今回は、

  • クライアントPCにコネクタをインストールする際に、正しいパスワードを入力しているにもかかわらず、「パスワードが正しくありません」というエラーが表示される場合
  • Windows Vista / 7 クライアントからコネクタがインストール出来ない
  • TempフォルダをRAMディスクに移動していると、コネクタのインストールに失敗する

場合の対処をご紹介します。

クライアントPCにコネクタをインストールする際に、正しいパスワードを入力しているにもかかわらず、「パスワードが正しくありません」というエラーが表示される場合

当該のエラーが表示されるPCで

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA
Vista/7の場合は、
C:\ProgramData\Microsoft\Crypto\RSA

フォルダを開きます。
MachineKeys フォルダとフォルダ内のファイルに対して Administrators と SYSTEM アカウントがフルコントーロールが許可されていることを確認します。
Administrators と SYSTEM にフルコントロール権がない場合、
XPの場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft
Vista/7の場合
C:\ProgramData\Microsoft
のアクセス権を編集して、Administrators と SYSTEM にフルコントロール権を付与してください。

Windows Vista / 7 クライアントからコネクタがインストール出来ない

稀に、Vista/7クライアントからWHSにアクセス出来ない、コネクタのインストールが出来ない場合に、NTLMの認証レベルを変更すると解決する場合があります。

手順:

1) クライアントから、
[すべてのプログラム]>[アクセサリ]>[ファイル名を指定して実行]
を開く
2) secpol.msc と入力して[OK]を押下
3) UACの警告が出たら[はい]を押下
4) ローカルセキュリティポリシー が開くので、
[ローカルポリシー]>[セキュリティオプション]>
[ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル]
をダブルクリック
5)[NTLM応答のみ送信する]を選択して[適用]を押下

ローカルセキュリティポリシーに上記の項目がない場合は、以下のKB情報を参考にしてレジストリを修正します。

問題が発生する認証を Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、または Windows XP にアップグレードした後にネットワークに接続された記憶装置をアクセスするとことがあります。

詳細ペインに LMCompatibilityLevel が存在しない場合には作成した上で、存在していた場合には値を 2 に変更しクライアントPCを再起動します。

TempフォルダをRAMディスク上に移動しているとコネクタのインストールに失敗する

RAMディスク上にTempフォルダを移動していると、コネクタのインストールに失敗する場合があります。
この場合は、TempフォルダをHDD上に戻し、コネクタのインストールを行います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする