記憶域階層における並行リビルドが動作する条件

Windows Server 2012 R2 の記憶域スペースでは、予めホットスペアとして指定した物理ディスクがなくても、記憶域プール内の空きスペースがある物理ディスクに、障害の発生した物理ディスクに存在していたスラブを復元します。複数の物理ディスクの空きスペースに並行してスラブのリビルドを行うことから、2012でスペアディスクを用いてリビルドするよりも、高速に記憶域プールの修復を行うことができます。

記憶域プールのリビルドは、障害の発生した物理ディスク内のブロックに割り当てられていたプロビジョニングスラブに対して、書き込みが失敗したことを契機に行われます。従って、物理ディスクに障害が発生しても、プールへの書き込みに伴い、物理ディスクへの書き込み失敗がなければ、リビルドは行われません。

記憶域階層を構築している場合も同様ですので、例えばHDD階層の物理ディスクに障害が発生した場合、プールへの書き込みから対象のHDDへの書き込みが発生しないと自動修復は行われません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする