Windows 8.1 Update 2 は噂通りのマイナーアップデートに。スタート画面の復活はお預け。

Blogging Windows で、8月12日(太平洋標準時)に予定されているWindows 8.1 Update 2 の概要が公開されました(August updates for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 | Blogging Windows)。 ブログによるとバグフィックスとパフォーマンス、信頼性の向上が主な内容となりますが、以下のような新しい機能と改良が含まれていると記載されています。どれもマイナーFixのようです。以前は、Update 2 でスタート画面が復活するという噂もありましたが、最近ではスタート画面は次期Windows(開発コード Threshold) まで提供されないというのが主流の見方になっていました。その通り、今回のUpdate 2 ではスタート画面は復活しません。

Following are some of the new features and improvements included in the August 12th Update Tuesday:

  • Precision touchpad improvements – three new end-user settings have been added: Leave touch pad on when a mouse is connected; allow right-clicks on the touchpad; double-tap and drag.
  • Miracast Receive – exposes a set of Wi-Fi direct APIs for Independent Hardware Vendor (IHV) drivers or OEM drivers to develop Windows 32-bit applications that run on all supported x86-based or x64-based versions of Windows 8.1, enabling the computer as a Miracast receiver.
  • Minimizing login prompts for SharePoint Online – reduces the number of prompts with federated use in accessing SharePoint Online sites. If you select the “Keep me signed in” check box when you log on for the first time, you will not see prompts for successive access to that SharePoint Online site.

Windows Server Blog でも同様に、August updates for Windows Server 2012 R2 – Windows Server Blog – Site Home – TechNet Blogsが公開されています。Server側もバグフィックスとパフォーマンス、信頼性の向上が主な内容となり、APIには何ら変更が発生しないことが明かされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする