Windows Home Server 2011 と Android スマートフォン と TwonkyMobile

WHS 2011 のDLNAサーバー機能は、DLNAデバイスとの互換性が高くなっていて、DLNAクライアントへのストリーミング配信も可能なことを以前ご紹介しました。

最近はAndroid端末が種類が増えていて、スマートフォンといえばAndroidという勢いになってきつつありますが、Android用のDLNAクライアント/サーバー アプリケーション Twonky Mobileを利用すると、WHS 2011上のコンテンツを再生出来ます。

(ただし、コンテンツはAndroid側で再生可能なフォーマットでエンコードされていることが重要です。FFmpegでandroidにストリーミング可能な動画を作るも参考にしてください。)

Twonky Mobileは下のマーケットからDL出来ます。

110219120

 

Twonky Mobileは、DLNAサーバーからコンテンツをDLして端末上に保存することも可能です。

  たとえば、下の左の画面は自宅のWHS 2011にT-01C REGZA PhoneからTwonky Mobileを経由してアクセスした画面です。コンテンツをしばらくタップしていると、右の画面のように、選択肢が現れますので[Copy to Phone]を選択します。
110219101110219102

コンテンツのDLが始まります。バックグラウンドでDLしてくれますが、Copy Managerから進捗状況を確認することも可能です。

110219103

コンテンツのDL場所は任意の場所を予め指定することが出来ます。Twonky Mobileが起動した状態で、端末のMenuボタンを押下し、[Settings]を選択します。

110219104

[Settings]画面で[Seet Copy to Phone Locations]を押下すると、Music/Video/Photoそれぞれに対して保存場所を指定することが出来ます。

110219105110219106

保存したファイルは、再生アプリケーションから開くと再生出来ます。

夜間にエンコードしておいたファイルを、外出前にWiFi経由で端末のSDカード内にDLしておいて、外出先で動画や音楽を再生することが可能になります。

Twonky Mobileは最初の頃は不安定でしたが、先日のアップデートで安定性が高まり快適に動作するようになりました。

WHS 2011のDLNAサーバー機能はこのようにDLNAデバイスとの互換性が高く、Twoky ServerのようなDLNAサーバーアプリケーションがなくとも標準機能でこういったことが可能になります。WHS V1の場合はこういった使い方をする場合、別途Twonky Server等を用意して運用するのが良いかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Jo より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    いつも楽しく読ませてもらっています。
    今回twonky mobileですが、これはローカルLAN内のサーバーを探して、接続するアプリなんですか?

  2. ださっち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > いつも楽しく読ませてもらっています。
    > 今回twonky mobileですが、これはローカルLAN内のサーバーを探して、接続するアプリなんですか?
    DLNAクライアントですから、LAN内のサーバーが対象です。
    また、サーバー機能もありますのでLAN内のDLNAデバイスに対して、androidデバイス内のコンテンツを配信することもできます。