[FAQ:WHS2011]:複数台のWHS2011を管理する

先日、[FAQ]:複数台のWHS V1/WHS2011を管理するをご紹介しましたが、WHS2011ではもう一つRemoteAppの機能を利用してダッシュボードを開く方法があります。

メモ帳で、以下の内容を記載し、拡張子を .rdp にして保存します。 [サーバー名]にはWHS2011のコンピューター名を入力します。

full address:s:サーバー名
disableremoteappcapscheck:i:1
alternate shell:s:rdpinit.exe
remoteapplicationmode:i:1
remoteapplicationprogram:s:||RemoteDashboard
remoteapplicationname:s:Dashboard
remoteapplicationcmdline:s:
drivestoredirect:s:*
prompt for credentials:i:0

120923010

作成した.rdpファイルをダブルクリックします。
120923011

RemoteAppの警告が表示された場合、[このコンピューターへの接続について今後確認しない]にチェックして[接続]を押下します。
120923012

RemoteAppに接続中の画面が表示された後、ダッシュボードが開きます。コンピューターへの接続の警告が表示された場合、今後表示しないにチェックを付けます。
120923013
120923014

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする