[Add-in]WSE RemoteApp 2012/WHS RemoteApp 2011

WSE RemoteApp 2012WHS RemoteApp 2011は、Windows Server 2012 上のアプリケーションを、リモートWebアクセスサイト経由、またはスタートパッド経由でクライアントPCから実行出来るアドインです。

ダッシュボードから登録したユーザーアカウント毎に、RemoteAppの利用可否を設定できます。121024001
121024007

ダッシュボードから、任意のアプリケーションをRemoteAppでクライアントから利用出来るように登録することが出来ます。
121024003
登録したアプリケーションは、ダッシュボード上に一覧で表示されます。
121024002

権限をもったユーザーアカウントでリモートWebアクセスサイトにアクセスすると、WSE RemoteAppガジェットが表示されます。
121024004

121025015

Connect ボタンを押下すると、ユーザー認証の後、ダッシュボードで登録したRemoteAppで利用出来るアプリケーションが表示されます。スタートパッドからも、この画面を表示することが出来ます。
121025016

アプリケーションのアイコンをクリックすると、アプリが起動します。ローカルのアプリケーションと全く変りませんし、見分けも付きません。
121025017

 

中小企業であれば、業務用のアプリケーションをサーバー側で稼働させておいて、ローカルでもインターネットからもアクセス出来るようにすることで、場所を意識せずアプリケーションを利用することが出来ます。個人でも、場所を意識せず同じ環境でアプリケーションを利用したい場合に有効だと思います。

WHS2011ではEULAと照らし合わせると少し微妙なのかなと思いますが、Windows Server 2012 Essentials ではライセンス上も問題なくこのような使い方が出来ます。有料で少しお値段($50~)の張るアドインではありますが、RemoteAppを活用した面白いアドインだと思いますので、興味のある方は購入してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする