WHS2011にGPT/UEFIクライアントのバックアップを可能にするHotFixが配信

WHS2011では、GPTボリュームやUEFIブートのクライアントマシンはバックアップすることが出来ませんでした。従来はWindows Server 2012 Essentials のみがこのバックアップが可能となっていましたが WHS2011でもGPTボリュームやUEFIブートのマシンをバックアップ可能にするHotFixが配信開始されました。

Windows 8 マシンはUEFIブートで高速起動する製品が多いと思いますので、これからWindows 8 を導入される方も、WHS2011でバックアップが可能ですから安心して導入して頂ければと思います。
なお、Hotfixには、クライアント側の修正も含まれます。サーバーにHotfixを適用すると、クライアントコネクターも自動で更新されます。
Hotfix 適用後、クライアントPCのベアメタルリストアをする際は、新たにUSBメモリーで回復キーを新たに作成してから、新しい回復キーでリストアしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ShiroYuki_Mot より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    有用な情報をいつもありがとうございます。
    早速、自分のブログでも紹介します。
    http://shiroyuki-mot-says.blogspot.com/2013/03/whs2011-gpt-client-hotfix.html
    さて、サーバーのバックアップでも GPT 対応なのでしょうか?