AOMEI Backupper Standard はどれくらい使えるか

WHS2011のクライアントバックアップを代替できるバックアップソフト「AOMEI Backupper」には、StandardとProfessional版、サーバーOSも対応するServer版が存在しています。

ライセンス上は、もう1つTechnicianというライセンスが存在します。これは自身が他者に対して技術サポートを提供することができるライセンスらしいですが、個人ユースでは必要ないので割愛します。

Standard版をインストールして試してみる

AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールしてみました。

ホームタブ

起動すると以下の画面がまず最初に表示されます。ホームタブには、バックアップの一覧が表示されます。

160328001

バックアップをすると、以下のように、実行したバックアップタスクが表示されます。

160328002

バックアップタブ

バックアップタブを開くと、実行出来るバックアップの種類が一覧で表示されます。

160328003

システムバックアップ

システムバックアップでは、Windowsシステム環境をバックアップすることができます。システムがインストールされたハードディスク全体をバックアップするようです。

160328005

画面上に表示されている「1」がバックアップソース(バックアップ元)、「2」がバックアップデスティネーション(バックアップ先)となります。

デスティネーションにはネットワーク上の共有フォルダーを指定することもできます。共有フォルダーを指定する場合、UNCパスとクレデンシャルの指定が必要です。

ディスクバックアップ

ディスクバックアップでは、バックアップソースをディスク単位で選択することができます。

160328006

[バックアップしたいディスクを選択。]を押下すると、バックアップソースとなるディスクを選択することができます。

160328007

パーティションバックアップ

パーティションバックアップは、バックアップソースがパーティションまたはボリュームになるだけで、その他は基本的にはディスクバックアップと同じです。

160328008

ファイルバックアップ

ファイルバックアップは、ソースとしてファイルまたはフォルダーを指定して追加することができます。

160328009

[ファイルを追加]を押下するとファイル選択画面が表示されます。[フォルダを追加]を指定する場合、フィルタオプションを開くと詳細なオプションを指定することができます。

160328010

同期

同期では、ソースとデスティネーションを同期させることができます。

160328011

各バックアップ共通のオプション

オプション

オプションとして、バックアップの暗号化や電子メールでの通知、圧縮の有無などを指定することができます。(一部バックアップ方法には普通タブ以外の項目は指定できないものもあります)

160328014

スケジュール

バックアップのスケジュールを詳細に指定することができます。

160328012

160328013

復元タブ

復元タブを開くと、過去に実施したバックアップを指定して復元をすることができます。

160328015

復元先となるPCにAOMEI Backupperを新しくインストールした場合などは、ホームタブの右下にある矢印を押下することで、バックアップ情報をインポートすることができます。

160328016

[ブラウズ]ボタンを押下し、

160328017

*.adiまたは*.afiの拡張子で保存された(adiはAOMEI disk image, afiはAOMEI file imageでしょうか?)バックアップイメージをインポートすることができます。

クローンタブ

クローンタブでは、ハードディスクやシステム、パーティションのクローンを作成することができます。HDDからSSDへの換装などの際に重宝するでしょう。

160328018

システムクローン機能はロックされており、AOMEI BackupperをSNS等でシェアすることでロックが解除されるようです。

160328019

ユーティリティタブ

ユーティリティには、[イメージをチェック]、[ブータブルメディアの作成]、[イメージファイルを検索(仮想パーティションとしてマウント)]、[配置をエクスポート/インポート(過去のバックアップをエクスポート/インポート)]、[PXE Boot Tool(PXEブートサーバーの構築)]、[ログ(ログの表示)]があります。

160328020

PXE Boot Tool

PXE Boot Toolでは、PXE ブートサーバーとしてマシンを構築することができます。ブートイメージには、Windows PE(GUI)、Linux(CUI)、その他カスタムイメージを指定することができます。

160328022

イメージを指定して、[開始]を押下するとブートイメージを自動で作成します。

160328023

PXEブートをブートサーバーとして稼働するコンピューターの起動時に毎回自動的に有効にするには、管理者権限でコンピューターにログオンしている必要があるようです。

160328024

開始を押下することで、PXEブートサーバーとして振る舞います。

160328025

今回は、クライアント側でPXE Bootが動作することを確認できなかったのですが、動作が確認できたらどのような画面になるのか掲載しようと思います。

AOMEI BackupperはWHS2011のクライアントコンピューターバックアップを代替できるか?

こうやってみてみると、Standard版でもかなりの機能を備えており、個人ユースでは、WHS2011のクライアントコンピューターバックアップ機能を十分代替できる可能性があると思います。

Pro版のライセンスも入手出来たので、引き続きレビューをしたいと思います。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする