Windows Server Essentials エクスペリエンス と Macクライアント

Windows Server Essentialsでは、WindowsクライアントPCには[コネクター]と呼ばれるクライアントソフトをインストールすることで、[スタートパッド]からクライアントコンピューターのバックアップやダッシュボードへのアクセスなどが可能になります。

Macクライアントにもコネクターは用意されていて、Windows同様コネクターのパッケージは、https://サーバー名/connect からダウンロードします。

しかし、Mac向けコネクターはWindows Server 2012 R2 EssntialsではMac OS X 10.6~10.8まで、Windows Server 2016 EssentialsでもMac OS X 10.11までしか対応していません。最新のSierraは2016でもサポートされていないことになります。

コネクターをインストーすることでできること

コネクターをインストールすると、クライアント上ではスタートパッドと呼ばれるアプリケーションから、各種機能にアクセスできるようになります。

しかし、Macではもともとクライアントコンピューターのバックアップはサポートされていないなど、必ずしもスタートパッドが必要ではなく、スタートパッドをインストールせずとも問題なく利用できます。

MacとWindowsで、スタートパッドからアクセスできる機能

スタートパッドの機能

Macクライアント Windowsクライアント

コネクターインストール時の
ドメイン参加
×
クライアントコンピューター
のバックアップの設定
×
(TimeMachineの設定にリンク)
共有フォルダーへのアクセス
リモートWebアクセス
ダッシュボードへのアクセス ×
(別途RDPクライアントのインストールと設定が必要)
正常性の警告
Office 365へのアクセス ×
(ブラウザから別途アクセス)

コネクターが非対応でも、MacクライアントはActive Directory環境で使える

コネクターソフトウェアではサポートされてなくても、MacをActive Directory環境で利用することは問題なく可能です。

詳細な手順は、Mac OS X 10.6 Server Admin: Active Directory ドメインへのアクセスを構成するを参照して下さい。

[ネットワークユーザにログインウインドウでログインすることを許可]オプションを有効にすることで、Macへのログオン時にADのディレクトリを参照し、ドメインユーザーでのログオンも可能になります。

参考:OS X El Capitan: ネットワークユーザに Mac にログインすることを許可する

【参考】Macクライアントを接続する場合は、FQDNに.localは避ける

.localで終わるドメイン名を利用している場合、Macクライアントでは名前解決に問題が生じる場合があるようです。

Macクライアントが参加する予定がある場合は特に、サーバーのセットアップ時に.localを利用せず、自社の保有するドメインを利用することを推奨します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク