Windows 10初の大型アップデート、バージョン1511(2015年11月更新)が全ユーザーに配信開始

Windows Insiderに対して、Threshold 2 となるBuild 10586が一足早く配信開始。記憶域スペース/記憶域プールに関するGUI改善もで紹介した、Windows 10 リリース後の初の大型アップデートとなる、バージョン1511(Threshold 2)が一般ユーザー向けにも配信開始されました。

これまではThreshold 2やTH2などと表示されてましたが、今回のWindows Updateでは Windows 10 バージョン 1511という表記がされており、今後Windows 10のバージョンはリリース年月で管理されていくことになりそうです。

3ofyrflm

MSDNユーザーは、MSDNからISOファイルをダウンロードすることも可能です。

同じデバイスで動作させた場合、Windows 7 と比較して起動時間が約30%向上するなどパフォーマンスの向上が図られたり、Windows 10 から搭載された新しいブラウザー、Microsoft Edgeの安定性が飛躍的に向上するなど、安定性やパフォーマンスの向上だけでなく、企業で利用する場合の管理性や利便性が向上するなど、大きな更新が含まれています。

First Major Update for Windows 10 Available Today

Microsoft Public Affiliate Program (JP)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク